温泉

天然温泉というのは、高品質であるというイメージがある。

 

パンフレットなんかで温泉旅館を探しているとき、天然とついているだけで思わず目を止めてしまうほどのブランド力も。

 

今回は、そんな天然温泉とは何かを人工温泉の定義と共にお伝えする。

スポンサーリンク

天然温泉と人工温泉と準天然温泉の違い

温泉は、大きく2種類に分けられる。

 

それは天然温泉人工温泉

 

天然温泉と名乗れるのは、温泉源から出た採取された段階で、温度か成分のどちらかが条件を満たしていれば名乗れる。

 

人工温泉は名前の通り人工的な温泉。

 

準天然温泉というのは人工温泉の一種で、天然温泉に劣らない人工温泉という意味がある──らしい。

天然温泉とは何?

天然温泉

天然温泉は、先に述べたように温泉源から採取されたときに、温度か成分のどちらかが条件を満たしていれば名乗れる。

 

その条件というのは──

  • 温度が25℃以上
  • 決められた19種類の物質のうち、どれか1つが基準値以上含まれている

──このどちらかの条件を満たせば、天然温泉を名乗ることが可能。

人工温泉とは何?

人工温泉というのは、名前の通り人が手をくわえて天然温泉に近づけ、天然鉱物由来の薬効を持つようになった温泉を指す。

 

でも、温泉の素を加えても人工温泉は名乗れない。

 

人工温泉と名乗るために加えるのは、天然鉱物に由来する薬効を持つ薬剤

 

この薬剤の大半は、医薬部外品なので個人でそろえるのは大変。

 

だから結構な費用や手間がかかる。

準天然温泉とは何?

準天然温泉については、明確な定義は存在しない。

 

あえて言えば、上質な人工温泉

 

トロン温泉などが有名。

 

でも定義があいまい過ぎるので、考えても混乱するだけなので人工温泉の一種だと考えておけば大丈夫。

天然温泉は誤魔化せる

天然温泉

天然温泉は、高品質であるというイメージがある。

 

でも、温度についてはいくらでも誤魔化しようがある。

 

例えば深度1000mほどから採取すれば、大概は25℃以上の温度になる。

 

そして温度の条件さえ満たしていれば、成分が真水に当たるとしても天然温泉と──。

 

更に言えば、この25℃以上で採取された真水1リットルを運んで、999リットルの水に入れれば天然温泉と名乗れるという細工も行える。

 

こういった行為に対して消費者が行えることは僅か。

こういった誤魔化しへの取り組み

2005年から、温泉成分に関して以外にも、加水、加温、入浴剤、循環ろ過、などの使用についての表示が義務化されている。

 

天然温泉を名乗っている場合は、日本温泉協会が発行している天然温泉表示看板が設置されている。

 

私たち消費者は、この表示を参考に温泉を評価するぐらいしか行えない。

 

でもこの表示について嘘を吐かれていたら、成分調査なんて個人で行うのは難しいのだからお手上げ。

 

だから温泉を楽しむのなら、天然温泉か人工温泉かという部分ではなく、温泉設備の充実度や付随する体験の満足度に、価値の比重を置いた方がいいかもしれない。

スポンサーリンク

天然温泉表示制度

天然温泉かどうかの判断は、2005年に一部が改正された温泉法施行規則が基本となる。

 

それまでの温泉成分に関する表示義務に加えて、加水や加温だけでなく、循環ろ過、入浴剤の使用などについても表示が義務化された。

 

これらの義務を無視して、温泉の状態を表示しなかったり偽表示をすると、温泉経営者は罰金を科せられるようになった。

天然温泉表示看板

天然温泉とは何

日本温泉協会が発行している天然温泉表示看板を掲げている温泉であることが、分かりやすい天然温泉かどうかの判断基準の一つだとされている。

 

だから初めて訪れる温泉旅館などでは、この天然温泉表示看板を探してみると良いかもしれない。

 

また、この天然温泉表示看板には、源泉名、泉質名、泉温などが書かれている。

 

これらを見て、これから入る温泉について理解を深めればより楽しめるかもしれない。

twitterで天然温泉と検索すると?

ハラミ @haramizuki3

四万温泉の積善館、元禄の湯が痺れるのは勿論なんだけど、湯治棟というバス・トイレ・洗面所共同、床下に天然温泉が流れる”天然床暖房”の部屋に籠って、だらだらと本を読んで、温泉入って、また本読んで、温泉入って…みたいな生活を数日送った時は大層幸せだった

さっしー @m_sachan64

【重要】 当館よしかわ天然温泉ゆあみはこの度の緊急宣言を受け、2020年4月8日(水)から全館営業中止にさせていただきます。 お芝居に関しましても急遽ですが8日(水)から全て中止になります。 お客様には急遽の告知となりまして誠に申し訳ござい…

おわりに

今回は、天然温泉とは何かについてお伝えした。

 

天然温泉かどうかの判断基準は、温泉源から採取された段階で温度が25度以上か、規定された水準以上の成分を有しているこのどちらかを満たしていること。

 

これらのどちらかを満たしているのが、天然温泉だと判断する基本。

 

でも調べるのは難しいので、天然温泉表示看板の有無が私たちが天然温泉かどうかを判断する最大の基準だと言える。

スポンサーリンク
おすすめの記事