上げる

投稿を表示

すべての物質には波動が存在する。

スピリチュアルの世界では、この波動が高いほど嬉しいことが起こりやすく、波動が低いほど嫌なことが起こりやすくなるとされている。

だから、とうぜん波動の高い状態を目指した方がお得

もしも波動を高くしたいのなら、まず行いたいのが自分の波動を知ること。

知らなくても波動を高めることはできる。

だけど自分の変化をチェックして日記にするなどすれば、波動を上げる行動を長く続けることができるのは確か。

今回は、そんな自分の波動を知る方法についてお伝えする。

スポンサーリンク

波動とは?

波動とは、簡単に言えば振動

スピリチュアルの世界では、振動数が高いほど良い状態だとされており嬉しい出来事が起きやすいともされている。

なぜ嬉しい出来事が起きやすいのかというと、波動というのは周りが似た波動になるような出来事を生じさせるから。

振動数が高い状態(波動が高い状態)というのは気分が良い状態。そして波動は周りに似た波動になるような出来事を生じさせるので、生じる出来事も嬉しいことに偏ることになる。

逆に波動が低い状態だと、嫌な出来事が生じやすい。

高い波動と低い波動

自分

スピリチュアルの世界では、高い波動、低い波動という表現が使われることが多い。

高い波動は、サラサラ、細やか、軽いと表現される。高い波動の人は、愛や喜びなどといったポジティブな感情に支配されているのが特徴。

低い波動は、ザラザラ、荒い、重いと表現される。低い波動の人は、嫉妬や妬みなどといったネガティブな感情に支配されているのが特徴。

波動の高い人に起きること
  • 他人にやさしい
  • 自分に優しい
  • 心に余裕がある
  • 自己肯定感が高まる
  • ポジティブ
  • 元気
  • 穏やか
  • ネガティブな面を受け入れている
  • 失敗も受け入れている
  • ネガティブな感情を引きずらない

波動が低い場合、以下のようなことが起きやすい。

波動の低い人に起きること
  • 仕事などに集中できない
  • ネガティブな考えを引きずる
  • 失敗を引きずる
  • 運が悪い
  • 能力を発揮できない
  • ストレスが多い
  • 人間関係がこじれる
  • 余裕がない
  • 自信がない
スポンサーリンク

自分の波動を知る方法

自分の波動を知るには、そのための装置が存在している。

でも設置されている施設への移動などを考えると、装置を活用するのは気軽にというわけにはいかない。

だから本気で波動を変えることに打ち込む予定ではないのなら、大雑把に自分の波動の状態を知る程度に留めたほうが良い。

では、どのようにすれば自分の波動の状態を知ることができるのかというと……波動は周囲に自分と似た状況になる出来事を生じさせるという特徴を利用するのがいい。

もっとも分かりやすいのは?

自分の波動を知るのなら、まずどんな人と関わっているのかを確認するといい。

よく話す友人の特徴が自分に当てはまる場合が多い。

また波動は自分と似た波動になる出来事を生じさせるため、よく話す友人などは自分と似た波動を持っている傾向にある。

自分の波動を知る他の方法

自分の波動を知るためには、先に述べたように付き合っている人を確認するのが最もわかりやすい。

でも波動が自分と似た周波数になるような出来事を起こす働きは、人だけでなく物や状況にも影響をするので、人以外から自分の波動を知ることも可能。

例えば、以下に注目してみるといい。

自分の波動を教えてくれるもの
  • 気になった広告
  • 気になるニュース内容
  • お店の雰囲気
  • 職場の雰囲気
  • 日頃の会話

これらが暗いのなら波動が低い、明るいのなら波動が高い傾向にある。

観葉植物を部屋に置く

植物は波動に影響されやすい。

このため普段使っている部屋に観葉植物を置いてみると、あなたの波動の状態がわかる場合が多い。

しっかりと世話をしたにもかかわらず、部屋に置いた植物の元気がなくなったり枯れた場合はあなたの波動が低いことが原因であることも。

部屋の状態

普段使っている部屋は、自分の心の状態が反映されやすい。

また、逆に部屋の状態が心に影響を与えることも多い。

特に自室が散らかっていたり汚れていたりする場合は、あなたの波動が低下しているサインである可能性が高い。

服装や髪型

服装や髪型は好みがあるので、これからか波動が高いか低いかの判断するのは難しい。

でも清潔感があるかどうかを基準にすれば、ある程度は自分の波動について知ることができる。

スポンサーリンク

自分の波動が低いと感じたら

自分の波動が高いか低いかで一喜一憂しないことが大切。

波動というのは、どんな人でも一日の中で高い時と低い時があるもの。

だから仮に波動が低いと感じても、波動が高い時間を増やす工夫をすればいいだけであると気軽に考えよう。

その上で以下のようなことを行うといい。

笑顔を作る

口角を上げて笑顔を作ると、幸せな気分になるエンドルフィンが分泌される。

波動は感情と比例するので、幸せな気分でいると波動も上がっていく。

このとき本心では笑っていなくてもホルモンは分泌される。

植物に触れる

植物に直接触れたり、植物の多い公園などを歩くとリラックスする。

リラックスすることで嫌な気分はリセットされて、波動が高まるキッカケになりやすい。

波動の高い人と一緒に過ごす

波動の高い人を探すのは、少し難しい方も多いと思う。

なぜなら波動は似たような周波数の人を引き寄せあうから。

だから波動の低い人の周りには、同じく波動の低い人ばかりが集まる。

このため波動の低い人が波動の高い人と一緒に時間を過ごすのは難しい。

そもそも波動の高い人を身近で見つけることすら出来ない場合が多い。

でも、このような場合はDVDや動画サイトで波動の高い人の話を聞くという手もある。

直接会った場合よりもは効果は低いけど、それでも波動に良い影響を与えてくれるのは確か。

おわりに

今回は自分の波動を知る方法についてお伝えした。

波動が高いほど嬉しいことが起こりやすくなる。

だから人生をよくしたいのなら、波動を高める行動をとることも大切だといえる。

波動を上げる行動をするとき、自分の波動を知っている必要はない。

でも自分の波動に関連した内容を日記形式でノートなどに書くことで、波動を上げる行動を続けるモチベーションの維持に役立てることができる。

このモチベーションは結構大切。

なぜなら波動を上げる行動というのは、習慣にして長く続けなければならないから。

もちろん難しく考えず、自分の波動を知るだけにとどめておいてもOK。

また仮に波動が低くても一喜一憂せず、現在の波動の状態はこれから変えていけばいいだけであると気軽に考えるようにしよう。

スポンサーリンク
おすすめの記事