ミサンガ

叶えたい恋がある……このような時は、少しでも恋愛がうまくいくように手を尽くしたいと考えるもの。

ミサンガは、そんな恋愛を頑張る方が身に着けることが多いアイテム。

そんなミサンガは、色や付ける場所に考慮すると更に効果を増すとされている。

今回の記事では、このミサンガの恋愛成就を目指す方が身に着けるべき場所や色についてお伝えする。

スポンサーリンク

ミサンガの意味:恋愛向けの色の組み合わせは?

ミサンガは、ピンクや赤が恋愛向けの色だとされている。

ピンク色は、恋愛、協調、調和、可愛くなるなどの意味を持つから、恋愛に直接的にかかわる意味を持っているといえる。

赤色は、情熱、勇気、勝利などの意味を持つから、恋愛へのアナタの姿勢に関わる色であり、恋愛と間接的にかかわるだと言える。

このため恋愛のためのミサンガは、ピンク色と赤色の糸を組み合わせて使うのがベストだとされている。

また色の組み合わせについては、女性はピンク色を基本として他の色を組み合わせる、男性であれば赤色を基本として他の色を組み合わせるという方も多い。

基本は3色で

見た目(デザインのカッコよさ)を考えた場合、色の組み合わせというのは3色以上をうまくまとめるには相応の勉強が必要になる。

だから、ミサンガの色に使うのは多くても3色までと考えておこう。

また、白や黒という色はデザインの分野では安定し過ぎて面白くない色だとされている。

でも逆を言えば、安定するので多くの色と相性が良いので、迷ったら白や黒が合わないか考えてみるといいかもしれない。

具体的な色の例

赤+ピンクであれば白と相性が良い。

可愛らしいミサンガがお望みであれば、濃淡の違うピンク(2種類のピンクを使用)+水色(美しさ)という組み合わせも良いかもしれない。

少しカッコよくしたいのであれば、濃淡の違う赤(2種類の赤を使用)+黒なんかがしっくりとくる。

身に着ける場所にも注意

ミサンガ

ミサンガは、身に着ける場所によっても意味が存在する。

ここで重要となるのが、利き手と効き足。

特別な意味を持つのは、利き手、利き手でない方の手首、利き足、利き足でない方の足首の4ヶ所。

恋愛を意味するのは、利き手の手首

でもミサンガを目立たせたくない場合は、足首に装着するという方法もある。

ちなみに足首は、利き足であれば勝負運や友情運、利き足でない方であれば金運、全体運を意味する。

だから聞き足でない方に装着する方がいいかもしれない。

もっとも友情運も恋愛運も、人間関係というくくりに収まるので効き足でも問題はない。

おわりに

今回は、恋愛向けのミサンガ情報をお伝えした。

ミサンガは、願いが叶うまで外してはいけないというのは有名な話。

これが原因で、ミサンガは不衛生になりやすく肌トラブルの原因になったという事例も……。

だからミサンガを身に着ける場合は、肌に問題が生じていないか定期的にチェックをするようにしよう。

スポンサーリンク
おすすめの記事