愚痴を言うと運気が下がると言われている。

 

これは色々な理由があるけど、潜在意識関連であれば愚痴が自己暗示になるからであるとも言われている。

 

愚痴が自己暗示になり、その愚痴が出る状況を維持するように潜在意識が働くというわけ。

 

また運気関連であれば、地獄言葉という単語が有名だと思う。

 

地獄言葉とは、愚痴だけでなくネガティブな言葉一般を指す。

 

日常の中で無意識に出ているネガティブな言葉も地獄言葉の一種で、放置しているとドンドン運気が下がっていくとされている。

 

愚痴が暗示にせよ地獄言葉にせよ、愚痴が運を悪くするのは確か。

 

運を悪くしないためにも愚痴は言わないようにしたい……と、いうのは言うは易く行うは難しというものだと思う。

 

だから今回は、愚痴を言わなくなるためのハードルを下げるための工夫についてお伝えしようと思う。

スポンサーリンク

愚痴を言わない工夫で運気が下がるのを防ごう

愚痴を言わないためには、まずは自分が愚痴を言っていることに気付く必要がある。

 

これが結構大変。

 

なぜなら多くの場合は愚痴を言うのが当たり前になっているから。

 

普段行わない行動であれば気付かない物だけど、当たり前に行っている行動は無意識的な物なのでスルーをしてしまいやすい。

 

だから愚痴に気付くこと自体が難しい。

 

では、そんな気付きにくい愚痴にどうしたら気付けるのかというと、それは1日の会話を振り返ってみるといい。

 

特に友人との会話。

 

もしも友人がネガティブなことを言っていたのなら、アナタも友人との会話の中でネガティブなことを口にしている可能性が高い。

 

この友人との会話を思い返す事を何日間か繰り返していると、ネガティブな発言をしているときの感覚が分かってくるので愚痴にも気づきやすくなる。

 

愚痴で運気が下がるのを避けるために愚痴をやめるには?

自分の愚痴に気付いたら、それ以上は話すのをやめることが必要。

でもそれだけだとストレスが溜まるので、なんらかのストレス発散方法を用意しておいた方がいい。

また愚痴はストレスを発散させるため(犠牲が大きすぎるけど)でもあるけど、ストレスは身体の調子が悪い時などはストレスが溜まりやすく愚痴がでやすくなる。

愚痴を言い続けると何が起こる?

愚痴を言い続けると、色々な悪影響があるけど以下のようなものが有名。

 

  • 愚痴を言い続けると怒ること
  • 運気が下がる
  • 体の免疫力が下がる
  • 思い込みで判断しやすくなる
  • 嫌な出来事を引き寄せることが増える
  • ネガティブな出来事に惹かれる
  • ネガティブな人が周りに増える
  • 病気になりやすくなる

 

嫌な事ばかりだ。

愚痴を言わなくなるには?

愚痴を言わなくなるためには、体調の管理が大切になる。

 

もちろん愚痴を言わないように気を付けることも大切だけど、疲れたりストレスが溜まっていたりするとネガティブな気分になり愚痴を言いたくなってしまうもの。

 

これは体調を管理することで、愚痴をいう時間が減るとも言い換えられる。

 

根本的に体調を管理するのなら、生活習慣を徹底的に変えることが大切。

 

でもとんでもなく大変なので、これ自体が愚痴の原因になりかねない。

 

だから簡単に行えることから体調管理から始めることをオススメしたい。

 

例えば眠る30分~1時間前からスマホを見ないだけで睡眠の質が上がることは有名。

 

また座っていることが多い人であれば、日中に軽い運動をするなどもよい。

 

それと疲れを溜めこみすぎないことも重要。

 

疲れに関しては、動くときは動き休む時は休むという感じで生活にメリハリつける辺りから始めると良いのではと思う。

 

あとストレスの発散も心掛けるといい。

 

ストレスの発散というのは、頭を切り替えることをするのも1つの手。

 

例えば軽いスポーツやカラオケで全力で歌うだけでも集中することになるので頭の切り替えになる。

 

愚痴を言わないためにやってはいけないこと

愚痴は頭の中にあるネガティブな情報を表現したものであるといえる。

 

だから頭の中にあるネガティブな情報が多い人ほど愚痴を口にする可能性が高まると言い換えることも。

 

このネガティブな情報の多い場所の代名詞がインターネット。

 

ネット上のネガティブな情報の多い場所である、ニュースサイトや掲示板はかなり酷いところが多いから注意をしたい。

 

また新聞や雑誌類、テレビ番組もネガティブな情報が多いことで有名。

 

これらの場所を完全に避けるのは難しいけど、接触する時間を減らすことは可能なはず。

 

接触する時間を減らすためには、どのような情報を得たいのかを見る前に決めておくの1つ。

 

もちろん目当ての情報を手に入れたら、そのまま見続けることのないように早めに情報媒体から離れることも大切になる。

 

愚痴の中で特に運を悪くするもの

愚痴の中で特に運を悪くするとされるものがある。

 

それは悪口。

 

悪口は本当に運が悪くなる。

 

自分で言わなくても、例えばネット上の書き込みをしばらく見ているだけでも影響が強く出る。

 

またある調査では、悪口は言われた側よりも行った側の方が評価を落とすことが多いという結果も出ている。

 

だから愚痴の中でも特に悪口を言うのは避けるようにしよう。

 

おわりに

今回は愚痴を言うと運が悪くなるという話をした。

 

愚痴を言わない時期が続いてから、愚痴を言うと体や心に違和感を抱くことも多い。

 

また判断ミスやタイミングの悪さも感じるようになる。

 

そんな時期が長く続けば、人生に悪い影響が出ないと考えることは難しい。

 

損をしないためにも、愚痴は口にしないようにしたい。

スポンサーリンク
おすすめの記事