ヨガの効果

ヨガは、精神の安定、ダイエット、インナーマッスルを鍛える、姿勢がカッコよくなるなど色々な効果が期待される運動。

 

また全体的にゆったりとした動きであるため、よほどの無理をしない限りケガをしにくいという特徴もある。

 

今回の記事では、そんなヨガを行うのにおススメの時間や期間、頻度などをお伝えする。

スポンサーリンク

ヨガの効果が出る期間

ヨガの効果は、始めて2~3か月経った頃に実感する方が多い。

 

他のハードなエクササイズに比べて、効果を実感できるタイミングが遅いのでこの点には注意が必要。

ヨガを行うのに効果的な時間

ヨガは、短期間で効果の出るエクササイズではない。

 

だから最初から長く時間をかけるつもりで、じっくりと取り組んでいくのが最も良い。

 

1日10分ずつでも良いので続ければ、2~3か月経った頃には効果を実感できるハズなので、長期的な計画を立てて行っていこう。

ヨガの効果が最も出る時間帯

ヨガ

ヨガを行うのに理想的だとされる時間帯がある。

 

その時間帯とは朝(起床してすぐ)夜(寝る2時間前)の2つ。

 

可能であれば両方の時間で行いたい。

 

でも時間の都合上難しければ、どちらか片方でもヨガによるダイエット効果は期待できる。

朝ヨガの効果

朝のヨガは骨盤に良い影響を与える。

 

骨盤は内臓を支える骨。

 

朝から夜にかけて徐々に開いていくという特徴がある。

 

とうぜん体型も朝から夜にかけて変化していき……。

 

そんな骨盤の開きは、朝ヨガを行って骨盤を支える筋肉を活性化させることで防ぐことができる。

 

また起きてすぐの空腹状態のヨガは、脂肪燃焼を促すことができる。

 

さらに副交感神経と交感神経の切り替えを促せるため、目覚めがすっきりするという効果も期待できる。

朝ヨガの効果を上げるために

朝ヨガを行う場合、空腹状態で行うと効果が高まる。

 

さらにヨガを行う前にトイレに行くことも効果的。

 

そして実際にヨガを行う時は、朝日を浴びながら素足で地面の上に立って行うとさらに良い。

 

朝日を浴びて行う場合、体の動きに合わせて太陽のエネルギーが体内に入ってくるとイメージしながら行うことも効果を高めてくれる。

夜ヨガの効果

夜ヨガは、夕方6時以降~寝る2時間前に行うヨガのことを指す場合が多い。

 

ヨガは空腹時に行うと効果が高いとされている。

 

これはヨガの効果を十分に得るには、内臓を上手に圧迫することや呼吸法が大切になるため。

 

夕方6時というタイミングは、正午に食事を摂った場合だとちょうど空腹になる時間帯なのでオススメだとされることが多い。

 

夜ヨガを行うことで、凝り固まった筋肉や関節をほぐすことが可能。

 

だからリラックス効果を期待できる。

 

とうぜん睡眠にも良い影響が与えられる。

 

でも寝る直前にヨガを行うと目が冴えてしまい睡眠を阻害する可能性が……。

 

だから夜ヨガを行う場合は、寝る2時間前までにしたい。

夜ヨガの効果を上げるために

夜ヨガを行う時も空腹状態が良い。

 

でも空腹すぎてヨガに集中できない場合は、消化に良い物を軽く食べてOK。

スポンサーリンク

ヨガのダイエット効果を得られる頻度は?

ヨガを行う目的は、ダイエット効果、運動不足の解消、リラックス効果(ストレス解消)の3つのどれかという方が多い。

 

ヨガを行う頻度は、ダイエット効果や運動不足の解消のような身体的効果を目的にした場合と、リラックス効果(ストレス解消)のような精神的な効果を目的にした場合とで違ってくる。

 

身体的効果を目的にするのなら、週に最低3回はヨガを行う必要がある。

 

精神的な効果を目的にした場合は、週に1度行えばよいとされている。

ヨガの身体的効果について

ヨガを週に3回以上行うことで、基礎代謝が上がり脂肪燃焼が促される。

 

さらにインナーマッスルも鍛えられるので、姿勢がよくなったり体が引き締まったりもする。

ヨガのリラックス効果について

ヨガを週に1回の割合で行うだけでも、リラックス効果など精神的な効果を得られる。

 

もちろん週に3回行った場合よりも効果は薄いけど、インナーマッスルが鍛えられるなど身体的な変化も生じる。

ヨガは食事のタイミングに注意

効果

ヨガを行う場合、空腹状態が理想だとされている。

 

でもどうしても空腹が辛くてヨガに集中できない場合は、消化によい物を軽く食べることが必要。

 

なぜならヨガに限らずエクササイズというのは、正しい姿勢や呼吸で行わないと効果が極体に下がるから。

 

ヨガは体の動作の1つ1つに集中しながら行う必要があるので、空腹で集中力が妨げられる事態は避けた方がいい。

 

だから空腹が理想的だけど、集中できないのなら軽くバナナ1本やおにぎり1つを食べるようにしよう。

ヨガを終えてもすぐに食べない

ヨガを行ってから1時間半ほどは内臓の働きが活発になる。

 

このためヨガを行ってから1時間半ほどは、食べた物がどんどん消化吸収されるので太る原因になってしまう。

お風呂もすぐに入らない

ヨガを行った後は、すぐにお風呂に入らないことも大切。

 

急激なけっこうの変化が起きてしまい、気分が悪くなるなどの症状が出ることがある。

おわりに

ヨガは、独学の場合は注意が必要。

 

なぜならヨガのようなエクササイズというのは、正しい呼吸法や姿勢でなければ効果が激減してしまうから。

 

だからなるべくならヨガを行い始めたばかりの頃は、ヨガスタジオなどに通うようにしたいところ。

 

そしてもしもスタジオに行けない場合は、本などの動作をしっかりと確認しよう。

 

またネット上にはヨガの講師が実際にポーズをとっている動画もあるので、何度もそれらを確認して行っていくなどの工夫をした方が良いかもしれない。

スポンサーリンク
おすすめの記事