好転反応とは?スピリチュアルのなんもnを乗り越えるコツ

願いを叶えるとされる方法は色々と存在している。

それらの中でも、アファーメーションやイメージングは特に有名。

これらを実践して願いを叶えたという話もあるけど、一方で願いと真逆のことが起こったという方も多い。

アナタの身に願いと真逆の事が起きたのなら、それは好転反応と呼ばれるものかもしれない。

好転反応は色々な形で起こり、願望実現方法の実践者の心をへし折る原因になる事も多い。

今回は、そんな好転反応についてお伝えさせて頂く。

スポンサーリンク

好転反応とは?

好転反応は、願いを叶えようとアファーメーションなどを行っているときに嫌な出来事として色々な形で現れる。

生じる形は、肉体的、精神的、外的なアクシデントなど本当に様々。

その人の弱い部分に現れるとされており、好転反応が現れると本当に辛いと感じる。

でも好転反応を何度か乗り越えると、次は現実が変化し始めるという話は有名。

好転反応と神様の試験

好転反応とよく似た言葉に神様の試験がある。

これら好転反応と神様の試験は同じ意味の言葉だと考える人もいるけど分けて考える人もいる。

分けて考える人は、以下のように捉える傾向にある。

好転反応と神様の試験の違い
  • 好転反応
     ○潜在意識の毒出し
      →願望実現を邪魔するものを減らす
     ○願望実現アクションの前半に生じやすい
  • 神様の試験
     ○潜在意識の成長
      →願望実現ができる潜在意識になる
     ○願望実現アクションの中半以降に生じやすい

好転反応が生じる原因

好転反応が生じる原因は、潜在意識の毒出しという要素が最も大きい。

願いを叶えることへの恐怖心や不安、願望実現を邪魔する考え、これまで溜め込んだ感情。これらを手放すために好転反応が生じるとされる。

他にも現状を維持したがる潜在意識が変化をさせないように抵抗している、潜在意識が変化しかけている自分を元の状態に戻そうとしているという場合も。

どの原因によって好転反応が生じているのか判別するのは難しい。

でもいずれの場合も、行っている願望実現アクションを続けることが大切になる。

ただし肉体に好転反応が生じて、日常生活に支障が出るほどの場合は一時的に願望実現アクションを休むことも考えよう。

スポンサーリンク

神様の試験について

好転反応は、願望実現アクションを始めて早い段階で起こりやすい。

そして神様の試験と呼ばれている現象は、願望実現アクションがある程度進んだタイミングで起こる。

アナタの在り方を願望に相応しい人間に変える試練が神様の試験。

神様の試験も好転反応と同様に、願望実現アクションを続けることが大切になる。

好転反応と神様の試験の注意点

好転反応と神様の試験。

この両方に共通して気を付けたいことがある。

それは嫌なことが起こっても愚痴などネガティブな事を口にしないということ。

また思考にも注意をしたい。

可能な範囲でいいので、嫌な事を考えていると気付いたら頭を切り替えて別の事を考えるようにしよう。

かなり大変ではあるけど、成長が促されるため好転反応や神様の試験が早めに終わる可能性がある。

好転反応はどれだけ続く?

好転反応は早めに終わって欲しいもの。

では、どの位の期間を耐えれば好転反応が終わるのかというと…………残念ながら人によって期間が違うので定義ができない。

それでも長くても2週間ほどで終わる方が多いので、とりあえず2週間は様子を見るつもりでいた方がいい。

スポンサーリンク

好転反応

好転反応は、色々な形で現れるけど一つの傾向がある。

それは願望実現アクションを止めたくなる形で現れることが多いという点。

急所を狙ったかのように嫌なことが起こるので、好転反応が原因で願望実現アクションを辞めてしまう方が多い。

病気のような症状、精神的に落ち込んだり願望実現アクションが馬鹿らしく感じるといった出来事以外にも、財布がなくなる人との縁が薄れるなど外部の出来事が起こる方もいらっしゃる。

このとき耐えるためには、それらの出来事が好転反応であることに気付くことが大切になる。

なぜなら好転反応だと気付ければ、一時的な事だを分かるので耐えるのが少しは楽になるから。

そのためにも好転反応にはどのような形のものがあるのか知っておくのが役立つ。

好転反応の具体例

好転反応は人によって出方が違ってくる。

ここでは、人によって違う好転反応にはどのような物があるのかお伝えしていく。

これらが起こると、すごく焦る。

でもこれらは潜在意識内にあるネガティブな気持ちを表に出すために起こる現象

または神様の試験の場合は、人生が切り替わるけどいいの?と試されている状態。

どちらにせよ、ネガティブな言葉を口にせず淡々と願望実現アクションを続けていくことが大切であるという点は強調させて頂きたい。

お金の好転反応例
  • 予想外の出費
     ○払う税金が予想よりも高額だった
     ○支払い忘れていた請求書が届く
     ○予定していた収入が無かった
  • 仕事でミスをする、うまくいかない
  • 収入が減る
  • 財布を無くす

肉体の好転反応例
  • 風邪のような症状
  • 腹痛
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 疲れ
  • 無性に眠い
  • 悪夢をよく見る
  • 背中が痛い
  • 腰が痛い
  • 節々が痛い
  • 骨に痛みを感じる
  • 歯に痛みを感じる
  • 発疹が出る
  • 身体がかぶれる
  • 声が出にくくなる
  • 寝込むほど体調が悪くなる
  • 関節を動かすのが墜落なる
  • 首が回らない

精神の好転反応例
  • 不安
  • 恐れ
  • 怒り
  • 過去の嫌なことを思い出す
  • 自己否定感が強まる
  • 苦しい
  • 無力感
  • 行っていることが無意味に感じる
  • モヤモヤ感が出る
  • 色々と面倒くさいと感じる
  • 人生はもうダメだと感じる
  • ネガティブな気持ちで涙が出てくる
  • 飽きる
  • ヤル気が失われる

嫌な出来事の好転反応例
  • 大切にしている物が壊れる
  • 事故にあう
  • 事件に巻き込まれる
  • 物事がスムーズに進まなくなる
  • 嫌なことが起こる
  • タイミングが悪くなる

人間関係の好転反応例
  • 状況が悪化する
  • 他人からネガティブな気持ちになる事を言われる
  • 周りの人がアナタが変わることを止めようとする
  • 親しかった人が離れていく
  • 騙される
  • 裏切られる
  • 罵倒される
  • 親しかった人に魅力を感じなくなる

好転反応の正体

神様の試験については原因は不明

でも好転反応については、これまで潜在意識に押し込んできた不安や恐怖などのネガティブな感情が原因だとされている。

だから溜め込んだ想いが強いほど、好転反応も強いものになるともされている。

スポンサーリンク

好転反応や神様の試験で大切なこと

好転反応や神様の試験で大切なことは、とにかく続けることを選ぶこと。

やっぱり好転反応などが起こるとネガティブな気持ちになるので、願望実現アクションをやめたくなってしまう。

でもここでやめてしまうと元の状態に。

すると願望実現アクションを再開したとき、また好転反応などが出るので苦しい思いを再びすることになる。

この事を考えると、可能なら好転反応が出たら辛い気持ちに耐えてやり切ってしまうのが最も良いのが分かる。

好転反応時にはエネルギーの補給も

好転反応にせよ神様の試験にせよ嫌なことが起こってしまう。

この嫌なことにエネルギーを消耗して疲れてしまうことが多い。

疲れてしまうと、ネガティブな方向に思考が向いてしまい好転反応などを乗り越えることが難しくなってしまう。

だから好転反応などが生じたら、エネルギーの補給が必要となる。

特に肉体を労わることも大切だけど、精神的なエネルギーの補給を考えたい。

では、どのようにエネルギーを補給すればよいのかというとポジティブな事に意識を集中させると良い。

好きなことに没頭するだけでもエネルギーを補給できる。

でも他にもイメージングを行うという手もある。

youtubeの方にも良いイメージングの誘導音声があるので、それらを使ってみるのも良いかもしれない。

好転反応に見舞われたとき、私が使ってみて良いと感じたのは以下の2つ。

お金関連の好転反応の場合は以下の動画が役に立つかもしれない。

おわりに

好転反応や神様の試験が現れる。

これは嫌な出来事だけど、願望実現アクションが効果を発揮している証であるという見方もできる。

だから好転反応で嫌な気持ちになっても、願望実現アクションを淡々と続けることが大切。

あくまで淡々と。

好転反応で生じた嫌な気持ちは、抵抗しても消すのは難しい。

だから願望実現アクションは続けることだけを考えて、ひたすら淡々と行っていくことが大切になる。

スポンサーリンク
おすすめの記事