引き寄せの法則で有効とされる方法にアファーメーションがある。

でもアファーメーションは、単調な作業になる上にけっこうな時間も必要となる。

このため挫折する方も多い。

でも、この挫折する原因となる負担が小さいアファーメーションが存在する。

それが1000回単語法。

スポンサーリンク

1000回単語法とは?

1000回単語法とは、単語を1000回唱えるという方法。

例をあげると以下のような感じになる。

人生全般をよくしたい、運をよくしたい場合=ツイている。

お金持ちになりたい場合=お金持ち。

肌をきれいにしたい場合=美肌。

一般的なアファーメーションだと、短いものでも私は○○ですという感じ。

だから1000回単語法であれば、かなり短時間で唱えることが可能となる。

1000回単語法のメリット

1000回単語法には、唱えるときに必要な時間が短かいというメリットがある。

また、唱えたとき言葉への抵抗感が小さくて済むというのも見逃せない。

アファーメーションで願望を実現するとき重要になる要素に、潜在意識の書き換えがある。

言葉への抵抗感があると、潜在意識が抵抗感に反応してしまいアファーメーションを頑張るほど願望実現から遠ざかってしまう場合がある。

でも1000回単語法は、あくまで単語を唱えるだけ。

よって通常のアファーメーションを唱えてときよりも抵抗感が小さくて済む。

1000回単語法を行う時のコツ

1000回単語法を実践するのなら、最初の内は何も考えずに唱えた方がいい。

よくアファーメーションをするときには感情を込めないといけないという方がいる。

でも、あれは生まれ育った環境のおかげで感情を込める能力が高くなった人の主張に過ぎない。

大半の人は、1000回単語法にせよ通常のアファーメーションにせよ感情を込めることなどできない。

それにアファーメーションは、必ずしも感情を込めなければ効果が出ないというわけではない。

斎藤一人さんや小林正観さんを始め色々な方が著書に書かれているように、最初は感情を込めずにアファーメーションを始めたとしても続けていれば徐々に感情を込められるようになる。

ずっと感情を入れずに唱えていても願いが叶ったという話はある。

でもやはり感情を込めた方が叶いやすいので、アファーメーションを続けて感情を持てるようになったら感情を込めた方がいいのは確か。

1000回単語法の注意点

1000回単語法を行う場合、注意をしたい点がある。

それは願い事に反すること──ネガティブなことを口にしない考えないという点。

完全に口にしたり考えないというのは難しいので、実際にはネガティブな事を考えたりしていると気付いたらポジティブな物に頭を切り替えるという形になる。

1000回単語法の工夫

1000回単語法は、最低1000回唱えようというもの。

別の言い方をすれば、唱える回数は1000回以上でもいい。

だからバードウォッチングなどで使われるカウンターを使って1000回唱えたか確認する方法がある。

それがキッチンタイマーやストップウォッチを使った方法。

これらを使う場合、最初は1000回唱え終わるまでの時間を測定する。

そして次からは、キッチンタイマーなどに測定した結果を入れて時間が来たら鳴るようにすればいい。

私の場合はカウンターを使った方が合っていたけど、キッチンタイマーの方が合っているとおっしゃる方も多い。

だからアナタに合った方を選ぶようにしよう。

1000回単語法がおすすめの人

1000回単語法は、短時間で言霊を唱えることができるのが特徴。

だから唱えるために時間を作るのが難しい人向けだといえる。

また1000回単語法で唱えるのは、名前の通り単語。

単語なのだからあまり考えずに唱えることも可能なので、何かをしている時でも唱えやすい。

だから周囲の目を気にしなくていい1人で仕事をすることの多い人などには、特に意識せず仕事をしながら唱えられるので向いているといえるかもしれない。

おわりに

今回は、1000回単語法についてお伝えした。

1000回単語法は、短時間で1000回唱えられることと潜在意識の言葉への抵抗感が少ないのが特徴

また単語なので考えずにすむので、ながらで唱えることも簡単。

だから忙しい方でも挑戦しやすいアファーメーションだといえるかもしれない。

スポンサーリンク
おすすめの記事