センタリング

グラウンディングという言葉に対して、センタリングという言葉はスピリチュアルに馴染みの深い方にとっても少しマイナーかもしれない。

でもセンタリングの感覚を身に着ければ、本心に気づいたり高い意識状態を維持したりできるようになる。

だからスピリチュアル分野に興味のある方は、身につけておいたほうがいい感覚であるとされている。

今回は、そんなセンタリングについて解説させていただく記事。

スポンサーリンク

センタリングとは?

スピリチュアル的な意味でのセンタリングという言葉には、自分の中心軸という意味がある。

または精神、心、体のバランスの取れている状態。

もしくは宇宙の中心と自分が一つになった感覚。

さらにはセンタリングを体感するためのワークを意味することもある

……など、このように人によってセンタリングという言葉の意味に大きな違いがある。

だから会話の中でセンタリングという言葉を聞いた時には相手が会話の前後から相手がセンタリングをどのように定義しているのかを考える必要がある。

またセンタリングがどのような状態なのかについては以下のような感じであると説明されることが多い。

センタリングと呼べる状態
  • チャネリングを行いやすくなる
  • ヒーリング能力が高まる
  • 自分の本心に気付ける
  • 不要なものが分かる
  • エネルギーが純化される
  • 高次な意識状態に近づく

センタリングの危険な点

センタリング

センタリングと呼べる状態は、ワークを行うことで目指すことができる。

ただ危険性も存在する。

センタリングのワークはグラウディングとセットで行わないとならない。

なぜならセンタリングを行うと、第7チャクラなど高い位置のチャクラは活性化するけど、第1チャクラなど低い位置のチャクラには影響が出ない。だからチャクラのバランスが崩れてしまうため。

チャクラのバランスが崩れると

チャクラのバランスが崩れると、いろいろな問題が生じる。

例えばセンタリングだけを行ってグラウディングを行わなかった場合、体調が崩れる、気持ちが不安定になる、精神に異常をきたすなどの問題が生じることも。

だからセンタリングワークを行う場合、必ずグラウディングワークもセットで行うようにしたい。

そんなグラウディングワークを行うと、以下のような効果を期待できる。

グラウディングワークで期待できること
  • 自信を持てる
  • ネガティブな影響を受けにくくなる
  • 物事に動じなくなる
  • エネルギーの循環効率が高まる
  • 病気になりにくくなる
  • リラックスできる
スポンサーリンク

センタリングの行い方

センタリングを行う前には、必ずグラウディングを行うようにしたい。

この部分を怠ったせいで、フワフワした感じになってしまう方が多い。

そうなると人生のバランスが崩れてしまうので注意をしよう。

グラウディングとセンタリングには色々なやり方があるけど、以下のようなイメージング手法で行う人も多い。

グラウディング
  1. 椅子に座る
  2. 地球の中心に光の玉があるとイメージ
  3. 尾てい骨の先からロープが伸びていく
  4. イメージした光の玉と結びつく
  5. 呼吸のたびにエネルギーが行き来する

センタリング
  1. 椅子に座る
  2. 宇宙の中に光の玉があるとイメージ
     ○宇宙の中心
      →頭上のずっと上
  3. 頭頂から先からロープが伸びていく
  4. イメージした光の玉と結びつく
  5. 呼吸のたびにエネルギーが行き来する

おわりに

今回はスピリチュアルのセンタリングについてお伝えした。

センタリングで最も注意したいのが、事前にグラウディングを行っておくという点。

イメージングによるセンタリングの場合は、簡単にグラウディングも行えるので必ず行うようにしたい。

グラウディングはセンタリングよりも地味だけど、やらないと色々と問題が生じてしまう。

だからセンタリング+グラウディンの組み合わせは絶対だと考えるようにしよう。

スポンサーリンク
おすすめの記事