己巳

お金関連の運を上げるのに良いとされる巳の日。

その強化版ともいえるのが己巳の日(つちのとみのひ)

いうなら巳の日Mk-Ⅱ。

巳の日よりも力が強いといわれているので、金運アップを目指す人は注目をしたい日であるといえる。

スポンサーリンク

己巳の日とは?

金運アップに良いとされる巳の日。

その巳の日よりも、さらに金運アップの力が強いとされるのが己巳の日

弁財天の縁日として、己巳の日も巳の日も有名。

己巳の日は強力だけど60日に1度しかないので、ちょうど己巳の日であると気づけた場合は有効に活用したい。

弁財天とも縁が深い

巳の日を強化したのが己巳の日という感じ。

とうぜん巳の日が弁財天と縁が深いとされるように、己巳の日も弁財天と縁が深い。

むしろ巳の日よりも弁財天の御利益を得られやすいとすらされている。

この弁財天は金運や財運関連のご利益で有名。

でも芸術、学問、才能の開花を促してくれるともされている。

だから巳の日や己巳の日が訪れたら、お金関連の運だけでなく才能などについても御利益を授かりたい。

己巳の日の開運アクション

金運

己巳の日も開運アクションと呼ばれるものは巳の日と同じ。

財布の買い替えや財布の掃除、貯金や資産運用などお金に関する行動と相性が良い日。

また仕事用に新しい口座を開設するなども相性が良いとされている。

もう少し手軽であれば、新札に両替することも金運アップにつながる。

でも特に行いたいのが水回りの掃除。

水回りの掃除について

弁財天は水とも縁が深く、水回りの掃除はまさしく己巳の日にピッタリの行動だといえる。

特に排水管などは汚れやすいので、しっかりと戦場をしておきたい。

弁財天と神社

とうぜん弁財天が祀られる神社に行くのも良い開運アクション。

もしも神社に行けないのなら、ネットのリモート参拝をチェックするのもよい。

金運よりも才能の開花を重視する場合は、やはり参拝がベストな開運アクションとなる。

己巳の日と財布

財布

新しい財布を使い始めるのが良いとされる日はいくつかある。

己巳の日もその一つというか、それらの中でもトップクラスの財布を使い始めたい日。

縁起の良い日から新しい財布を使い始めるのは、金運アップ方法の基本だから確実に押さえておきたい。

この財布の使い始めなんだけど2点に注意をして頂きたい。

1点目は財布の使い始めとはどのタイミングを指すのか?

2点目は財布は使い始める前に寝かせる必要があること。

財布の使い初めについて

財布の使い始めはどのタイミングを指すのかについては色々な話がある。

買った日、実際にお金を入れた日、外出して持ち歩いた日など、人によって使い始めのタイミングとはいつを指すか様々。

この辺りは、アナタの感性に合わせるのが良い。

後に述べる財布を寝かせる行為を行う前提で、どのタイミングを財布の使い始めとするのかは決めてほしい。

財布を寝かせる行為

金運アップの方法に財布を寝かせるというものがある。

どのような方法なのかというと、財布の中に数万円単位(上限なし)でお金を入れて2週間ほど清潔で暗い場所に布で包んで置いておくというもの。

財布は最初に入れた金額を覚えるとされる。

いったん金額を覚えると、その額よりも中から減った時にお金を引き寄せてくれるとされている。

財布は使う前に寝かせる!金運直撃の効果と金額は?

己巳の日が仏滅と重なった場合

己巳の日が仏滅と重なった場合、縁起が良いままか悪くなるか?

どう判断するかは諸説が存在する。

でも微妙な日になるのは確かなので、特別なアクションはしない方がいいかもしれない。

また不成就日などといった他の縁起が良くない日も同様で、特別な開運アクションは避けたい。

己巳の日とは? 言葉の意味

己巳の日という言葉は、己+巳の日という形で構成されている。

己は十干の言葉で、巳は干支の言葉。

だから己巳の日について知るのなら、十干と干支を事前に知っておく必要がある。

六十干支(ろくじっかんし)

十干(じっかん)と干支(じゅうにし)を組み合わせた六十干支というものがある。

六十干支はカレンダーに書かれていることもある。

十干は10の単語からなり、干支は12の単語からなる。

それら十干と干支を組み合わせた六十干支(ろくじっかんし)は、その名前の通り60この単語からなる。

この六十干支に含まれるのが己巳の日。

詳細について考えると複雑になってしまうので、最小限の知識として己巳の日は六十干支の一つ。六十干支は十干と干支を組み合わせたもの程度に覚えておけば大丈夫。

十干(天干)

十干(天干)は天干(てんかん)とも呼ばれる。

甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸がある。

全部で10の単語から構成されている。

十二支(じゅうにし)

十二支は、なじみが深い。

子、丑、虎、卯、竜、巳……と続くアレのこと。

全部で12の単語で構成されている。

おわりに

今回は己巳の日についてお伝えした。

己巳の日は、金運に関してかなり強い日として知られている。

60日に1度のペースで巡ってくるので、年に6回は活用の機会があるということになる。

2ヶ月に1度というワリと高頻度で巡ってくるので、興味のある方は今から活用の準備をしておいたもよいかもしれない。

スポンサーリンク
おすすめの記事