犬は体が毛皮に覆われている上に、汗をかく部分が肉球にしかありません。

 

このため暑さに弱い生き物だとされています。

 

ですから夏などの暑い時期に入ると、体調を崩す犬が多く──。

 

そんな暑さに弱い犬の強い味方になるのが氷。

 

今回は、愛犬に氷を与えるときに気を付けたい点をお伝えします。

スポンサーリンク

犬の暑さ対策に氷

氷が好きな犬はたくさんいます。

 

また、氷を犬に与える人も多くいます。

 

暑さ対策に必ず氷が必要とは限りませんが、犬の体温を下げるのに役立つのは確かです。

犬に氷を上げるのは大丈夫?

氷は元々が水なので、犬に与えても問題はありません。

 

暑い夏に氷を与えれば、熱中症などの暑さ対策になります。

 

ですが体質を知らずに大量の氷を与えると、下痢などの原因になってしまいます。

 

このため、与える氷の量には注意をしましょう。

犬と人の温度の感じ方の違いに注意

氷を愛犬に与えるとき、犬と人間の温度の感じ方に違いがある点に注意をしましょう。

 

犬は全身が毛でおおわれている上に、汗をかけるのは肉球だけです。

 

このため、人間よりも犬は暑さに弱いとされています。

 

ですから人間よりも犬は、暑さにやられやすい生物だと言えます。

犬に氷を食べさせるには?

には氷が好きな子が多くいますが、一方で氷嫌いな子も多くいます。

 

また、氷で下痢になりやすい体質の子もいます。

 

この辺りは、実際に愛犬に氷を与えなければ分からない点ですから、最初は少量だけ与えて様子を見るといいですよ。

 

そんな氷は、以下のような点が与えるポイントになります。

 

犬に氷を食べさせる時に大切にしたいことは?
  • 室温を極端に下げない
     ○体温が下がってしまう
     ○ペット用のブランケットなどを用意すると良い
    →自分で温まれるように
  • 少しダイエットが必要な犬のおやつにも使える
  • 食べさせるタイミング
     ○犬が舌を出してハァハァ言っている時
     ○室温が高いとき
  • 与える氷の大きさ
     ○大きいサイズは急速に体温を下げかねない
     ○大きい氷は喉に詰まらせかねない
     ○適度に氷を砕いて与える
    →もしくはかき氷にする
  • かき氷にする場合
     ○砂糖やシロップは使わない
     ○一度にたくさん与えない
    →お腹を冷やしたり頭がキーンとなる

 

氷を犬に与える時には、以下の点に気をつけた方がいいですよ。

 

犬に氷を上げるときの注意点
  • 最初は少量だけ与える
     ○少しだけ与えて体質を見る
     ○大丈夫なら2個目を与える
  • 氷は予め小さくする
     ○喉に引っかかったりするから
  • 舌に貼り付かないように注意をする
     ○氷が舌に貼りつくことがある
    →焦って口を毛がすることがある
     ○事前に氷を水で濡らすと言い
  • 与える氷の量
     ○犬には個体差がある
    →最初は少しだけ与えて様子を見る
  • 子犬には与えない
     ○下痢になる可能性が高い
  • 氷は軟水で作る
     ○硬水は尿欠席の可能性があるという意見がある
     ○水道水なら問題ない
  • 犬に与える氷に砂糖は加えない!
    ○虫歯などの原因になる
スポンサーリンク

犬が氷食症に!

愛犬に氷を上げるのなら、氷食症に気をつけましょう。

 

氷食症は人間であれば貧血やストレスが原因。

 

もしも氷を異常に欲しがるようになったら、獣医さんに相談する必要がありますよ。

終わりに

今回は、愛犬に氷を与えるときのポイントについてお伝えしました。

 

夏場に氷は、愛犬の高くなってしまった体温を下げるのに活躍してくれます。

 

ですが与え過ぎると下痢などの問題が生じますので注意をしましょう。

スポンサーリンク

犬の暑さ対策関連記事

犬は暑さに弱い動物ですから、暑い時期には注意が必要となります。

 

犬の食欲関連記事

犬が暑さに参っていると、食欲に変化が出てきます。

 

食欲への影響は犬が暑さに参っていることを判別するとき、もっとも分かりやすい指針となるのでチェックを定期的に行いましょう。

 

犬の水分摂取関連記事

暑さ対策の基本が、水分摂取であることが人間も犬も同じ。

 

水分摂取に問題があると、熱中症など重大な問題が生じるから注意が必要です。

スポンサーリンク
おすすめの記事