犬小屋は、屋外の愛犬が大半の時間を過ごす場所!

 

このため犬小屋の状態次第で、愛犬が受ける夏の暑さなどの影響が大きく変わってきます。

 

今回の記事では、愛犬を熱さから守る屋外にある犬小屋の暑さ対策をお伝えしています。

スポンサーリンク

犬と夏の暑さ

犬は、暑さを苦手とする動物です。

 

これは肉球と口以外に、熱を外に出す部分がないことが最大の原因。

 

日本の高温多湿の気候は、犬にとって夏バテになりやすい過酷な環境です。

 

ですから、夏の暑さ対策は愛犬を守る上で必須だと言えます。

犬小屋の暑さ対策

犬小屋の暑さ対策の基本は、朝や昼に小屋に直射日光を当てないことにあります。

 

それと、犬小屋の中の風通しをよくすることも大切になってきます。

 

こういった屋外にある犬小屋の暑さ対策について、お伝えさせて頂きます。

 

屋外にある犬小屋の暑さ対策
  • 犬小屋の中の暑さ対策
     ○簡易的なクーラーを用意する
      →水入りペットボトル凍らせタオルで包む
     ○犬小屋を高床にする
     ○中にすのこなどを敷く
      →犬の体と床の間に風が通るようになる
     ○小さな窓のある犬小屋を選ぶ
  • 犬小屋の位置に関する暑さ対策
     ○涼しい場所に犬小屋を移動させる
      →例1:日光が一日中当たらない場所
      →例2:日差しが一番きつい時間帯に日陰になる場所
     ○土の上に移動させる
      →コンクリートなどよりも土の方が温度上昇が低い
  • 犬小屋に直射日光が当てない
     ○すだれ、よしずなどを利用
      →寒冷紗(かんれいしゃ)や遮光ネットもオススメ
        →日光を反射させてよい
      →アルミの反射シートなどでも良い
  • 犬小屋周辺の暑さ対策
     ○すだれなどで日陰を作る
      →可能なら熱を反射させる白や銀色
     ○タライに氷水を入れて置いておく
      →水浴びをしたりする
      →氷は牛乳パックなどで大きい物を用意
     ○日陰にお腹を冷やせる物を置いておく
      →お腹を冷やせる物の具体例
        クールプレート
        クールマット
        クールベスト
        大理石など
         →保冷剤を使った物は誤飲に注意
  • 飲み水の暑さ対策
     ○日陰に置く
     ○水を小まめに変える
      →水温が上がりやすいので
     ○水の量はいつもよりも多くする
     ○複数の器に水を入れて用意する
スポンサーリンク

犬に扇風機は効果は薄い

愛犬のために扇風機を用意しても、使い方を間違えると効果はありません。

 

扇風機は体温を奪って蒸発する汗を吹き飛ばすことにより、涼しさを感じさせる道具です。

 

ですが犬は汗をかくための汗腺がありませんから、扇風機の効果はほとんどありません。

 

ただ、犬小屋の中に扇風機の風を送り込むことで、通気性をアップさせることは出来ます。

 

ですから扇風機は、犬小屋の通気性アップのために使うことを前提にした方がよいかもしれませんね。

犬用エアコンの注意点

最近では、犬用エアコンが販売されています。

 

このエアコンを使うと、愛犬が冷え過ぎてしまうことがあるので注意をしましょう。

 

その理由は、冷たい空気は低い場所に溜まりやすいからです。

 

よって、人が心地よいと感じる温度であっても低い場所で生活をする愛犬には、冷え過ぎていてしまうのです。

終わりに

屋外にある犬小屋の暑さ対策は、愛犬が夏を乗り越えるのにとても大切なことです。

 

飼い主にとっても、愛犬がぐったりしている様子を見るのは辛いですからね。

 

犬小屋の暑さ対策は早めに行って、愛犬に快適な環境で過ごしてもらいましょう。

スポンサーリンク

愛犬の屋外での暑さ対策記事

愛犬を外で買っている場合、特に注意をしたいのが小屋の位置と飲み水

 

この2つに気を付けることが、外飼いの場合の暑さ対策の第一歩となる。

散歩するのなら火傷に注意

夏場は、道路も熱される。

 

このため散歩をするとき、熱された道路によって愛犬の肉球が火傷をしてしまうことがあるので注意をしたい。

夏場の氷関連記事

犬というのは、が好きな動物。

 

でも食べさせ過ぎると下痢の原因になったりするから注意をしたい。

夏に愛犬が食欲低下した時の記事

夏になると、人間と同様に犬も食欲が減退する場合が多い。

 

このようなときは、愛犬の食欲を上げるために食事の香りに注意をするのも手。

スポンサーリンク
おすすめの記事