潜在意識の力を願望実現に使う場合、自己肯定感や自己受容を高くするとスムーズに結果が出るとされている。

自己受容は土台にあたる物で。自己肯定感は土台の上に作る建物であると表現なさる方もいる。

この例えで分かるように、自己肯定感が高くても自己受容ができていないのはあまり良いことではない。

なぜなら自己受容ができていないと、その上の建物に当たる自己肯定感もグラつくことになるから。

自愛は、自己受容と自己肯定感の両方に良い影響を与えてくれるとされている。

でも特に続けることで自己受容に大きな影響を与えてくれるので、自己受容を高めたい方は自愛を実践してみよう。

スポンサーリンク

自愛の効果

自愛は自己受容や自己肯定感に良い影響を与えてくれる。

でも他にも人生の幅広い面でよい影響が出るともされている。

具体的には、恋愛がうまくいきやすくなる、仕事がうまくいきやすくなるなど。

更には自信が出たり、人間関係の立ち回りが上手になるともされている。

それと引き寄せの法則の効果が出やすくなるため、願望が実現しやすくなるとも。

こういった幅広い効果があるため、人生全般を変える可能性のあるメソッドとしても知られている。

自愛の基本的な考え方

自愛というのは、自分の長所も短所も丸ごと受け入れることだと表現されることが多い。

この短所についての部分が意外と気付きにくい。

例えば夢を叶えようとしている場合、夢を叶えていない今の自分は×、夢を叶えた未来の自分は〇などという形にしてしまう。

こんな感じで”ある条件を満たしている自分”以外は×であると無意識にでも考えている場合、それは自愛から離れた考えとなる。

自愛のエクササイズ

自愛というのは、24時間ずっと自分を肯定する考え方をし続けるのが理想。

でもそれは難しいので、まずは数分程度のエクササイズを毎日続けることから始めるのが良い。

毎日エクササイズを続けることで、自愛の感覚が分かるようになり自分を否定しているときに気付きやすくなってくる。

エクササイズとしては、ミラーエクササイズと呼ばれる物が有名。

鏡の前に立ち、○○大好きだよ、○○愛しているよ、○○ありがとうねと数分間言い続ける(○○には自分のフルネームを入れる)

またブレインダンプと呼ばれるエクササイズも有効。

これは手を止めず、ひたすら今の自分が考えていることを紙に書きだし続けるというもの。

普段は意識していない考えも書き出すことで確認できるので、自分と向き合うことにつながる。

本来のブレインダンプは自愛のための物ではない。

でも自分を知るのにとても有効な方法であり、ブレインダンプは人生を変えるのに有効な方法だと仰る方もいるほど。

やり方の詳細についてはネット上で多くの方が紹介しているので、興味のある方はチェックしてみてもよいかもしれない。

日頃から行えるエクササイズ

自愛は、色々な形がある。

だから道具なしで行えるものも。

例えば、なにかミスをして落ち込んでいるとき。

自分を責めるのではなく、もう一人の自分が自らを励ましているとしたら何を言うのかを想像してソレを声に出してみるのも一つの方法。

日ごろからコレを行うと、徐々に自己受容感や自己肯定感が上がっていく。

また自分の好きなことを行う時間を増やすことも良い選択。

趣味などをすると共に、他人のためにやりたくない事をする時間を減らすことも大切になる。

スポンサーリンク
おすすめの記事