宝くじが当たったら何するか?

 

そんな妄想をしたことのある方も多いと思う。

 

ネット上を確認しただけでも、そんな宝くじ当選後の使い道についての妄想について多く見かける。

 

今回は、そんなネット上で見かける宝くじの使い道についてまとめてみた。

スポンサーリンク

宝くじが当たったら何する?

宝くじが当たったら何をするのかという質問で、最も多くの人が上げるのはやっぱり貯金や預金が多い。

 

半数以上の方が貯金や預金に当選金をまわすと答えているアンケート結果もあった。

 

また定番の宝くじ当選後の行動であげられる仕事をやめるというものがあるけど、意外と仕事をやめることをあげる人は少ない傾向にあるみたい

(思いつかなかった可能性もあるけど)

 

宝くじが当たったら何する?
  • 貯金・預金
  • 家やマンションの購入
  • 家賃を払う
  • リフォーム
  • 別荘を買う
  • 田舎へ引っ越してのんびり過ごす
  • 海外に移住する
  • 投資(株式、FXなど)
  • 不動産投資
  • 投資信託
  • 国内旅行
  • 海外旅行
  • 宇宙に行く
  • 好きな役者でドラマを作る
  • 貯金・預金
  • 仕事をやめる
  • 返済
  • 車を買う
  • バイクを買う
  • 趣味に使う
  • ブランド品を買う
  • 家具・家電を買う
  • 欲しいものを買う
  • 美味しいものを食べる
  • 寄付
  • 生活費
  • 保護猫カフェに通い詰める
  • 犬御殿を作る
  • 親や親せきに贈与する
  • 子どもの養育費や教育費
  • 起業・開業
  • 脱毛・エステ・美容整形
  • 田舎の山を買う
  • 親にプレゼント

 

宝くじの税金

宝くじの当選金は、基本的に銀行などで受け取った段階では非課税。

 

でも受け取った後、誰かに渡すなどした場合には税金がかかる。

 

受け取った際に非課税の理由

宝くじの当選金を銀行で受け取った際に非課税なのは二重課税にあるため。

 

二重課税になるのは宝くじは購入金額の一部が税金であるから。

 

誰かに渡す場合とは?

宝くじの当選金は、銀行で受け取った後で誰かに渡した場合は課税対象となる。

 

だから銀行で受け取った後で当選金を家族で分けたり、子供に相続させた場合には贈与税や相続税が必要となる可能性がある。

 

家族で分けても税金が掛からない方法もある

家族などで宝くじを分けても税金が掛からない方法がある。

 

それは銀行で当選金を受け取る際にグループで受け取り当選証明書を発行してもらうこと。

 

だから数人で当選金を分け合いたい場合は、銀行に分け合う全員で行くか委任状を代表者に託してグループで分配した金額をハッキリさせておく必要がある。

 

この辺りは、間違いがあっては大変なので銀行に相談するようにしたい。

 

重要!!

宝くじの当選金を受け取る際には、当選証明書をもらうのを忘れてはいけない。

 

これは税務署対策。

 

宝くじが当たって多額のお金が口座に入金されると、税務署から問い合わせがあることが。

 

その際に当選証明書があった方がいい。

 

当選証明書は当選金100万円から発行してもらえる。

 

でも当選者が頼まないと発行してもらえないので、当選金を受け取る際には必ずお願いするようにしよう。

(稀に銀行側から当選証明書の発行をススメてもらえるけど、それはあくまで例外)

宝くじが当たったら不幸になるって本当?

宝くじに当たったら不幸になるという話がある。

 

これは宝くじが当たったあと散財しすぎるなどして当たる前よりも貧しくなるというもの。

 

7割ほどがそうなるとも。

 

でもこの現象は、運とかのせいではなく生理現象の一種だとされている。

 

人間には、自分の状態を一定に保つ働きがある。

 

この一定に保たれた自分の状態には許容範囲があり、ある程度以上に周囲の環境と保ってきた自分の状態に差が生じるとズレを戻すために意識的、もしくは無意識的な行動を行うことになる。

(この許容範囲はコンフォートゾーンと呼ばれることが多い)

 

このコンフォートゾーンのズレを修正する現象は宝くじ以外でも生じる。

 

例えば金銭面でいえば月収が30万円の人は、30万円よりも大きく収入が下がると無意識レベルで元に戻すように動く。逆に30万円を大きく収入が上がると、こちらでも無意識レベルで元に戻すように動く。

 

また天職に成功して収入が大きく増えた場合などにも、宝くじで当選したら不幸になるのと同じようなことがある場合も。

 

だから宝くじの当選云々だけではなく、大きな金銭面の変化を望む場合はコンフォートゾーンの調整が必要となる。

 

その調整の一つが、高級な雰囲気のあるお店やホテルでコーヒーを飲むこと。

 

値段の高いコーヒーでなくてもよく、お代わり可能な500円くらいのもので十分。

 

大切なのはお店の雰囲気を味わって慣れることにある。

 

最初はソワソワして落ち着かないかもしれないけど、その場所でゆったりした気分で過ごせるようになるまで何日か通って慣れることが大切。

 

他にも色々と方法はあるから、ネットなんかで調べてもいいかもしれない。

 

宝くじが当たれば大きく貯金が増えるため、この自分の状態を一定に保つ働きが強く出てしまう。

 

その結果、散財などで当選金額を失うことになる。

 

宝くじの当選金が入ってきた場合、あまりにも自分の現状とかけ離れているため無茶苦茶な散財となるため人間関係などにも悪影響が出て、お金以外の分野でも様々な弊害が出ることも。

おわりに

今回は、宝くじが当たったら何に使うのかについて情報をまとめてみた。

 

夢広がる宝くじの当選。

 

当選金の使い道を考えるだけでも楽しい。

 

その当選金の使い道については、紙に書き出してみてもいい。

 

この紙に書き出したものを後で見返して、今すぐ行えるものを実際にやってみるのも良いかもしれない。

スポンサーリンク
おすすめの記事