特別な日に雨が降る日というのは、特別な意味があるとされることが多い。

意識はしなくても問題はないけど、知っておくと特別な気持ちになれるのは確か。

今回は、特別な日に雨が降る意味と雨の日の開運アクションについてお伝えさせていただく。

スポンサーリンク

特別な日の雨の意味

特別な日の雨には、以下のような意味がある。

特別な日の雨の意味
  • 引っ越しの雨
     ○停滞していた運気を一掃するとされる
  • 旅行の雨
     ○遠出は運気活性
     ○内照などに向く
  • 神社参拝
     ○神様から歓迎
     ○近くに神様がいる
  • 誕生日
     ○1年間のネガティブなエネルギーが一掃される
  • デート中
     ○いつも降られていると龍神つきとも
  • 結婚式
     ○幸せな結婚生活の予兆
  • お葬式
     ○亡くなった方の死を天が悼んでいる
     ○涙雨とも呼ばれる

雨の日の開運アクション

雨には浄化の意味合いがある。

だから雨の日に行いたい開運アクションは、浄化に関するものが多い。

また降る雨の勢いが強いほど浄化の力が強いとされているので、豪雨の時ほどこれらの開運アクションを行った方が良いということになる。

雨の日の開運アクション
  • 物を捨てる
     ○物を捨てること自体が浄化につながる
      →雨の日は通常よりも浄化効果アップ
  • 髪の毛を切る
     ○晴れの日でも悪い気が抜けるとされている
  • 窓を開ける
     ○雨の力で浄化された風が家に入る

雨の日にやってはいけないこと

雨の日にやってはいけないこととして有名なのが、雨に濡れたものを家に入れること。

例えば外を歩くのに使って濡れた傘は、玄関の外側に置いた傘立てを使う方がよい。

これは濡れた靴や服にも当てはまる。

服に関しては外に置いておくわけにはいかないので、早めに洗濯籠に入れるなどしたい。

また雨の日は風水において陰の気が強くなる日であるとされている。

このため陰と陽のバランスが崩れてしまう。

さらに水の気が強いので、バランスをとるため火の気が強くなり怒こりやすくなる。

その結果、普段よりも余計な一言を口にしたりして事態がかなり悪くなることも。

だから雨の日はケンカをしないようにしたい。

スポンサーリンク
おすすめの記事