風の時代

2021年に入り、土の時代を過ぎて風の時代に入った。

これまでの土の時代と比べて、風の時代は願いが叶いやすくなるとされている。

今回は、そんな風の時代とは何かについてお伝えする記事。

スポンサーリンク

風の時代とは?

風の時代とは、占星術での話。

ホロスコープ上で、木星、土星、冥王星が風のエレメントを持つ水瓶座の位置で重なった。

このことから土の時代から風の時代に移ったと言われるようになった。

この風の時代についてもう少し詳しくお伝えしたいところだけど、より理解しやすいようにまずは土の時代についてお伝えしたい。

土の時代とは?

風の時代について語る前に、まずはこれまでの土の時代がどのような物だったのかについてお伝えさせていただく。

土の時代は2020年12月21日まで250年続いた。

この土の時代は地の時代とも呼ばれている。

名前の通り物質的なものが幸せなものとされていた時代。

具体的にはお金、マイホーム、肩書など。

トリプルグレートコンジャンクションが起こって風の時代に

占星術

土の時代から風の時代の移行。

これにはトリプルグレートコンジャンクションがかかわっている。

トリプルグレートコンジャンクションとは、占星術のホロスコープ上の話。

ホロスコープ上で複数の惑星が同じ位置に入ることをコンジャンクションと呼ぶ。

このコンジャンクションが、木星と土星が重なった場合であればグレートコンジャンクションと呼ぶ。なおグレートコンジャンクションは20年に1度だけ起こる。

さらに今回は冥王星も重なったため、トリプルグレートコンジャンクションと呼ばれる。

今回のトリプルグレートコンジャンクションは、水瓶座の位置で起こった。

水瓶座は風のエレメントを持つ。

このため風の時代に突入したといわれている。

各星の簡単な特徴

木星は1年かけて星座を一つ移動する。

土星は29年かけて12の星座を移動する。

冥王星はけた違いのパワーを持っているとされている。250年かけて12の星座を移動するという特徴もある。

各星の意味

木星と土星は、個人よりも社会との関わり合いが強いとされる星。

だから木星と土星の重なりは、社会への影響を強く意味する。

木星の意味

木星は拡大、発展、成長といった意味を持つ。

土星の意味

土星は忍耐、課題、試練といった意味を持つ。

冥王星

冥王星は破壊と再生という意味を持つ。

トリプルグレートコンジャンクションの意味

今回のトリプルグレートコンジャンクション。

社会構造の大きな変化を意味するのでは?と囁かれている。

スポンサーリンク

木星、土星、冥王星の重なりの意味

木星、土星、冥王星の重なりは、これまであったものを全部壊して0からスタートをするというような意味がある。

そのときこれまでとは違うルールに基づいてスタートするので、土の時代とは違う社会構造となる。

個人のレベルでも大きな変化が

木星と土星は社会と深いかかわりあいのある星だとされる。

でも個人のレベルでも影響がある。

2021年からしばらくは、再生のための破壊が起こっているタイミングとなっている。

個人でも同様。

風の時代の出だしでキツイ状態にあるのなら、それは再生のための破壊である可能性がある。

だから、これから良くなる前触れだと考えるようにすると良い。

良い形で捉えることで引き寄せの法則で良いものを引き寄せられる。

風の時代に入ったことで、引き寄せの法則の働きもスピードが上がっているし、これまで以上に想いが現実になり易いと考えている方も多い。

よって引き寄せの法則のためにも、良い形で目の前の出来事を捉えるように心がけることは、土の時代のころよりも重要となっている。

風の時代を上手に生きるポイント

生き方

風の時代は、土の時代とは価値観が変わってくる。

でも私たちは土の時代に慣れてしまい、当たり前だと思っている考えが土の時代に沿ったもの。

だから新しい考えを受け入れる柔軟性を持つことが大切だとされている。

また風の時代は個人が重要視される時代だとされている。

だから個人での活動がとても重要。

例えば専門分野をもってインターネットを通じて情報発信をしたりするのは、風の時代に合っているといえる。

新しい考え方を受け入れる、個人の活動を大切にする。これらを実践するのであれば、自分が軸とするコミュニティーや情報源を自分自身で選ぶとハードルを下げることができる。

土の時代であれば、学校や会社など成り行きで入ったコミュニティーのみで人生を終える方が多かった。

でも風の時代は、成り行きで入ったコミュニティーで人生を終えるのは賢い判断ではないとされる可能性が高いので注意をしたい。

おわりに

風の時代は願いが叶いやすい時代であるといわれている。

これはポジティブな面でいえば、願いが叶いやすくなるという意味になる。

でもネガティブな面でいうと、心に抱える苦しい想いがネガティブな願いとしてかなえられやすいという意味でもある。

だから心の状態に責任を持つことが、土の時代以上に風の時代は重要になるともいえるかもしれない。

スポンサーリンク
おすすめの記事