不成就日

一粒万倍日や天赦日などの開運日。

この日には色々と運が良くなるアクションが存在する。

でも不成就日と重なると少し話が変わってくる。

スポンサーリンク

不成就日とは?

不成就日とは、何をやってもうまくいかない、良い結果が出ない、スムーズに事が運ばないなどの特徴がある日。

だから計画を行動に移したり新しいことを始めるなど、何かを始めるのは避けた方がいいタイミングであると言える。

不成就日は打ち消せない

不成就日の逆に近い性質を持つ日として天赦日があげられる。

天赦日は、天がすべてを許す日。

縁起が良くないとされる仏滅などの日であっても、重なった場合は天赦日のほうが勝ると考えられている。

でも天赦日であっても不成就日は打ち消せない。

不成就日の過ごし方

不成就日

不成就日は、すでに行っている計画の見直し、内省、休息などをする日であると割り切る方が多い。

だから不成就日は、次に大きな行動をとるための準備をする日と考えればいいかもしれない。

最低でも、新しいことを始めない事と大きな買い物をしない事は心がけたい。

不成就日に避けたほうがいいこと

不成就日には、新しいことを始める事や大きな買い物を避けたい。

具体的には契約、入籍、納車、大きな買い物、財布の新調、計画を行動に移すなどは避けたい。

また預金口座を作るなど、長く使うものを作るのも不成就日は避けるようにしよう。

おわりに

今回は、不成就日についてお伝えした。

不成就日は、開運日の効果を打ち消してしまう。

開運日だと思って行動したら、なぜか上手くいかなくて確認したら不成就日だった……なんていうこともある。

だから開運日を活用するときは、不成就日ではないかも確認するようにしよう。

スポンサーリンク
おすすめの記事