千歳飴

七五三の時期に、子どもの手にある千歳飴の袋

 

そんな光景を見た事のある人も多いと思う。

 

七五三の写真撮影のアイテムとしても優秀だから、思い出のために買う人も多い。

 

でも懐かしさもあるため、食べる事を目的に買う人も少なくはない。

 

今回は、そんな千歳飴の販売期間についてお伝えする。

スポンサーリンク

千歳飴の販売期間

千歳飴の販売は、早ければ8月の後半から行われる。

 

ただ写真撮影を行う場合、早く買えばいいというわけにはいかない。

 

なぜなら千歳飴は長期の保管に向いていないから。

 

個包装されたミニ千歳飴の袋タイプなら、少しはもつだろうけどそれでも保管できる期間には限度がある。

 

だから余った場合は、料理に使うなどして早めに使い終わりたい。

販売期間の例:不二家の千歳飴

千歳飴

不二家の千歳飴

 

世間では不二家ミルキー千歳飴として知られている。

 

不二家の千歳飴は、1年間ずっと販売されているというわけではない。

 

やはり需要が最も大きくなる、七五三の時期に販売が開始される。

販売開始はお店ごとに違う

不二家ミルキー千歳飴は全国で販売されているけど、どのお店でも同じタイミングで売られ始めるわけではない。

 

早い場合は8月の20日を少し過ぎた辺りから。

 

でも最も数が置かれるようになるのは、10月半ばくらい。

 

この点を考えると、変える確率が高いのは10月に入ってからと考えた方がいいかもしれない。

不二家ミルキー千歳飴を取り扱うのは?

不二家ミルキー千歳飴を取り扱うのは、全国のスーパーやコンビニ。

 

またネットショップでも見かける。

千歳飴の販売期間:コンビニ

販売期間

千歳飴は、コンビニでも取り扱われている。

 

コンビニの場合は、10月初めから11月待つまでの販売というパターンが多い。

 

この時期は七五三の御祈祷が行われる期間

 

コンビニは流行物を置くのが商売のセオリーだから、これ以外の時期に買うのは難しい。

 

またコンビニは在庫を多く抱える余裕がないので、11月末までいつでも千歳飴を購入できるとは限らない。

 

だから千歳飴が欲しいと感じたら、早めに購入を決めた方がいい。

千歳飴の販売期間:インターネット

千歳飴はインターネットでも販売される。

 

早ければ8月から販売が始まるけど、大概は8月の20日の少しあと位。

 

やはり本格的な販売は10月くらいから。

 

それ以前は、販売もあるけど予約の開始という場合も多い。

千歳飴のメーカー

千歳飴

千歳飴のメーカーは数社が存在している。

 

それらが自社店舗、デパート、スーパー、神社を通して千歳飴を販売している。

 

ここでは千歳飴の特に有名なメーカーをお伝えさせて頂く。

 

千歳飴の有名店
  • 栄太郎総本舗
     ○創業:1857年
     ○本店:東京日本橋
      →多くのデパートにお店が入っている
      →インターネットでも買える
     ○販売期間:10月1日~11月15日
  • 金太郎飴本店
     ○明示初期に創業
     ○店舗:東京台東区根岸
     ○インターネットで一年中売られている
     ○どこを切っても金太郎の顔が出る飴で有名
  • 株式会社不二家
     ○創業:1910年
     ○販売場所
      →全国のデパート、スーパー、コンビニで販売
      →インターネットでも買える
     ○販売期間:8月20日の少しあと~11月下旬
      →毎年メディアで発表される
     ○ペコちゃんポコちゃんで有名
スポンサーリンク

千歳飴をおいしく食べる方法

千歳飴は、意外と量が多い。

 

だから最初は美味しく食べていても、そのうち飽きてしまった!という場合も多い。

 

また千歳飴自体、消費期限が短い食べ物

 

だから購入して、写真を撮るなどしたら早めに食べてしまわないとならない。

千歳飴を食べる工夫

千歳飴

千歳飴は、長く保存できない食べ物

 

冷蔵庫に入れても、すぐにベトベトになってしまう。

 

また、当然だけど舐めていて飽きたからと言って冷蔵庫に入れても、細菌が増えるなどして危ない。

 

こういった理由から、食べるときには食べきれるサイズにする。

 

そして食べきれなかった分は、早めに料理に使うなどして消費する

 

この2点が重要となる。

食べきれるサイズにする工夫

食べきれるサイズにする基本的な方法として3つ挙げられる。

 

それは、割る、切る、砕くの3つ。

 

千歳飴は縁起物だけど、割ろうとも、切ろうとも、砕こうとも罰が当たる事はないので安心して加工をしよう。

 

食べきれるサイズにする工夫
  • 割る
     ○一口サイズにする
      →残りはジップロックやラップなどで保管
  • 切る
     ○好みのサイズ部分に包丁でスジを入れる
      →グルッと一周入れる
     ○スジを入れたら包丁の背で叩く
  • 砕く
     ○ジップロック等に入れて麺棒などで叩く

 

上記のうち、料理に使うのなら砕くのが最も適している。

 

そして食べるのであれば、切るのが一番良いかもしれないと感じる。

料理での使い方

千歳飴を料理に使うのであれば、以下のような物に使いやすい。

 

やはり甘さを活かせる食べ物が基本となる。

 

でも乳成分が多いため、牛乳を使った甘い物に使う機会が多いのではと思う。

 

料理での使い方
  • ホットミルク
     ○牛乳に入れて電子レンジで温める
  • 生キャラメル
     ○作り方はネットで探して
  • ホワイトシチュー
     ○牛乳の代わりに入れる

 

千歳飴のカロリーは?

販売期間

千歳飴のカロリーは、1本を食べるとご飯一膳分程度。

 

具体的にはどの程度かというと、一般的な千歳飴(15cm、30g)の場合で117kcalほど。

 

有名な不二家の千歳飴(28g)は112kcalほど。

 

そして不二家のミニ千歳飴袋(3.1g)は13kcalほど。

 

このような感じになっている。

終わりに

今回は、千歳飴の販売期間についてお伝えした。

 

千歳飴は七五三のためだけでなく、大人が自分で食べるために買う事も多い。

 

だから需要はわりとあるけど、販売期間は8月の末~11月頃までと限られている。

 

中には1年中インターねットで販売しているメーカーもあるけど、基本的には販売期間が限られていると考えよう。

スポンサーリンク
おすすめの記事