パワーストーンが割れた!

 

このような状況は、パワーストーンが持ち主の不幸を代わりに引き受けてくれたからだと言われていますよね。

 

そんな貢献をしてくれたパワーストーンですが、不幸を引き受けてくれたことを感謝をしつつも手放さなければなりません

 

手放し方は、神社で供養してもらう、川や海に沈める、土に埋める、ゴミに出す──手放す方法は色々とあります。

 

では、どの方法がパワーストーンを手放すのに最適なのでしょうか?

 

今回は、パワーストーンを手放すとき、どのような方法があるのかをお伝えします。

※パワーストーンを手放す方法は、本来であれば供養などと呼ぶべきですが、この記事では分かりやすいように処分と表させて頂きます。ご了承くださいm(_ _ )m

スポンサーリンク

パワーストーンの処分方法について

パワーストーンの処分方法には、色々な物があります。

 

その中でも最も良いとされているのが、自然に返すという方法。

 

川や海に沈める、土に埋めるなどの方法です。

 

土に埋めるという方法は工夫次第で行えます。

 

ですが他の川や海に沈める方法は、不法投棄扱いされてしまう可能性があるので注意が必要です。

おすすめのパワーストーンの処分方法は?

パワーストーンの処分方法でオススメなのは、神社に頼む、パワーストーンの専門店に頼むのどちらかになります。

 

ですが、ゴミとして出す方も多くいらっしゃいますよ。

 

ゴミに出すのは罰あたりな気もしますが、事前に浄化をしっかりと行って出せば大丈夫という意見が多いですから、問題にしない方が多いですよ。

パワーストーンの処分方法のオススメは神社?川?海?土に埋める?

パワーストーンの処分方法は色々とあります。

 

オススメなのは、神社や専門店で処分をお願いすること。そして行う方が多いのは、ゴミとして出すことです。

 

ここでは、各パワーストーンの処分方法が持つ特徴についてお伝えします。

パワーストーンの処分方法:神社

神社で処分する場合、事前にパワーストーンの処分を行っているのか先方に連絡する必要があります。

 

と、いうのもお焚き上げをしてもパワーストーンは燃えないので処分に困るので、行っていない神社が多いからです。

 

また、連絡した際には処分で必要になる、初穂料やお布施がいくら必要なのかも確認をしておきましょう。

 

パワーストーンの処分を手伝ってくれる神社は、ホームページを公開していることも多いので、探すのならネット検索するのも手ですよ。

 

遠い場所でも郵送を受け付けてくれている場所もあるので、そういった場所を探すのも手です。

パワーストーンの処分方法:専門店

パワーストーンを扱う専門店では、石を引き取って神社での供養を代行してくれる所もあります。

 

中には、他店で購入した石でも引き取ってくれるところがありますよ。

 

インターネットを使えば、このようなお店はいくつも発見出来ます。

 

無料で浄化と回収を行ってくれる所もありますが、それでも送料は自己負担になる点には注意をしましょう。

パワーストーンの処分方法:ゴミとして処分

罰当たりな!

 

そんな感想が聞こえてきそうな、パワーストーンをゴミとして処分する方法

 

ですが事前に浄化をしっかりと行ったうえであれば、ゴミとして処分する方も多くいらっしゃいます。

 

ゴミとして処分する場合、パワーストーン(石)がお住まいの地域の分別方法では、どのように扱われているのかを確認しましょう。

 

分別方法については、お住まいの地域の役所のサイトや環境事業所などで確認することになりますよ。

パワーストーンの処分方法:土に埋める

パワーストーンの理想的な処分方法は、自然に還すことだとされています。

 

特に土に埋めるのは、もっとも理想的な方法だとか。

 

なぜならパワーストーンは鉱物であり、大地から生まれた物だからです。

 

しかし私有地以外で処分すると不法投棄になるので、公園のような公共の場や他人の土地に埋めるのは避けましょう。

 

ですから土に埋める処分方法を行うのであれば、プランターを用意してそこに埋めるなどの工夫を行いましょう。

 

なお、パワーストーンは植物の成長を促進するとも言われていますから、植物を植えた鉢にパワーストーンを埋める方もいらっしゃいます。

パワーストーンの処分方法:川や海に沈める

パワーストーンを川や海に沈める方法は、よい方法だと言われています。

 

ですが最近では、間違いなく不法投棄になる方法です。

 

こういった悪徳になる行為は、悪徳となり運の低下につながりかねないので避けた方が良いかもしれませんので避けた方が良いでしょう。

パワーストーンの処分方法:他の人に贈る

自分の使っていたパワーストーンを他人に譲る

 

具体的には、知り合いに譲るという形もありますし、オークションに出品するという場合もあります。

 

ですが、あまり良い方法ではありません。

 

パワーストーンというのは持ち主の念がこもるものですから、譲られた相手にこもった念が悪さをする事があるからです。

 

また、譲った相手と縁が結ばれてしまい、自身に悪影響が出ることも考えられます。

 

それでも譲りたい場合は、しっかりと浄化をしてからにしましょう。

パワーストーンの処分方法、その手順は?

パワーストーンの処分方法ですが、神社に任せるにせよ土に埋めるにせよ、その前に準備が必要です。

 

ここでは、パワーストーンを処分するときの流れについてお伝えします。

 

パワーストーンを処分する時の流れ
  1. 浄化
     ○日常的に行っている方法で良い
  2. 分解
     ○石以外の部分を外す
  3. 金属やゴム部分の処分
  4. 石の部分を処分

 

パワーストーンの処分は、この流れで行うことになります。

パワーストーンの浄化について

パワーストーンを処分する場合、必ず事前に浄化を行うようにしましょう。

 

これはパワーストーンが吸収した、持ち主の想いなどを取り除いてから処分をしたいからです。

 

浄化をしないと、パワーストーンにこもった想いが、手放した後も持ち主に悪い影響を与え続ける可能性があります。

 

ちなみに浄化方法に関しては、代表的な物を並べると以下のような方法がありますよ。

 

パワーストーンの浄化方法
  • 日光浴で浄化
  • 月光浴で浄化
  • 塩に着けて浄化
  • 水晶クラスターで浄化
  • さざれ水晶で浄化
  • セージの香りで浄化

 

パワーストーンの浄化関連記事

パワーストーンの力を維持するのに必須な浄化

 

色々な方法があるけど特にオススメなのは、さざれ水晶を使った浄化か月光浴による浄化。

 

浄化方法には石との相性があって、色褪せなど劣化の原因になったりする場合もあります。

 

でも、さざれ水晶や月光浴による浄化は、多くのパワーストーンと相性が良いという特徴がありますよ。

 

終わりに

今回はパワーストーンの処分方法についてお伝えしました。

 

注意点としては──

  • 事前に浄化を行う
  • 可能な限り金属部分などは取り外す
  • 不法投棄にならないようにする

──これらに気を付けることが大切になりますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事