邪気を払う方法

というのは、気付くとかなりの数になっている物です。

 

ゴミとして処分する方が多いのですが、状態がよければ売るという手もありますよね。

 

今回は、そんな服の処分方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

服を処分するタイミングは?

服を処分するタイミングですが、衣替えやサイズが合わなくなった場合などが代表的ですよね。

 

ですが、他にも服を処分するタイミングを見極めるヒントはいくつかあります。

 

例えば──。

 

服を処分するタイミングは?
  • 残す服選び
     ○使う服である
     ○季節アイテム以外
       →半年の間に着た
     ○今日着て明日も来たいと思える服
       →気にいっている場合が多い
     ○パパッと短時間で選んだ服
       →ハズれが無い物を直感で選んでいることが多い
  • 捨ててもいい服選び
     ○普段着として着る機会があまりない
     ○雰囲気を変えようと思って買っても結局着ていない
     ○セールで勢いで買って着ていない
     ○サイズの合わない服

 

服の処分はリサイクルできる形で

最近は、リサイクルショップなどを活用して服を処分なさる方が増えています。

 

また、ネットオークションを使う場合も。

 

ここでは、リサイクルに繋がる服の処分方法をお伝えします。

 

リサイクルに繋がる服の処分方法
  • 知り合いに譲る
     ○特に子供服などに多いパターン
       →子供が成長してすぐに着られなくなるため
  • ネットオークションを活用する
     ○高く売りたい場合はオークションやフリマアプリがオススメ
     ○特にヤフーオークションは有名
       →月額498円のYahoo!プレミアム会員登録が必要
     ○手間がかかるけど高値で売れる
       →写真撮影、説明を添える、個人間での交渉などが必要
     ○落札方式
  • フリマアプリを使う
     ○代表的なフリマアプリ
     ○メルカリ
       →使用者が多いので特にオススメ
     ○ラクマ
     ○フリル
     ○フリマノ
     ○ショッピーズ
     ○ディーリング
     ○落札方式とは違い希望する金額で売れる
  • 宅配買取サービスを活用する
     ○オークションやフリマアプリは面倒→宅配買取サービスは楽
     ○オークションやフリマアプリよりも安い傾向にある
     ○色々な専門店がある
     ○買い取り金額をサイト別に比較できる
  • 近所のリサイクルショップ
     ○不用品を運ぶなどの手間がかかる
     ○買い取り負荷の物は持ち帰らなければならない
     ○特定のジャンルを専門にしているお店の方が高く売れる
  • フリーマーケット
     ○売る手続きが簡単
     ○査定額が安い傾向にある

 

ネットオークション、フリマアプリ、リサイクルショップなどで身分証明書のコピーが必要な場合もありますから注意をしましょう。

服を処分すると時に寄付をするには?

服の処分ですが、特定の団体に寄付をすることも可能ですよね。

 

ネットで検索するだけでも色々な寄付先を発見できます。

 

最近では、フクサポという所が注目されています。

 

フクサポは、衣服を贈ることで代わりに寄付金を様々な国や地域に贈るという少し変わった取り組みをしています。

終わりに

今回は、服の処分方法についてお伝えしました。

 

服の処分方法ですが、昔は雑巾にする方も多かったですよね。

 

最近でも、買い取り拒否された服を小さく切って油汚れを取ったり掃除で使ったりする方も多いようです。

 

このように処分するときに加工するというのも手ですが、今回お伝えしたような方法でリサイクルしたりするのも良いですよね。

 

ただ高く売れる傾向にあるオークションは準備が大変ですし、近所のリサイクルショップは売値が安かったりと欠点が色々とあります。

 

ですから、高く売りたいのか? 早めに処分をしたいのか? こういった点を考えて目的にあった方法を選びましましょう。

衣替えの収納関連記事

衣替えをするとき、畳み方や洗濯方法次第で1年後に後悔をする事があります。

 

臭いとかに大きな影響が出るので、畳み方や洗濯方法には気をつけましょう。

 

収納をするときに、しっかりと洗濯をして汚れを落とすことが1年後の公開を防ぐのにはとても大切となります。

 

少し面倒くさいかもしれませんが、後悔を防ぐためにも洗濯をしっかりと行いましょう

スポンサーリンク
おすすめの記事