ペットボトル

夏は暑い!

 

だから暑さをなんとかしたいけど、エアコンを使うと体調が悪くなる──と、いう方も多い。

 

そのような場合、凍らせたペットボトルで血液の熱をとってみてはどうだろう?

スポンサーリンク

簡単な暑さ対策

暑さ対策としておすすめなのが、血液の熱を取る方法。

 

血液は全身を駆け巡っている。

 

だから体の一部の血液から熱を奪えば、他の体の熱も奪える。

 

ただし冷やし過ぎれば体に良いハズもなく、またお腹を冷やすなどすれば下痢になる可能性がある。

 

だから冷やし過ぎ冷やす場所には注意する必要がある。

 

このように注意点はあるけど、血液の熱を取るのは意外と簡単。

 

凍らせたペットボトルを体に当てるだけ。

凍らせたペットボトルで血液の熱を取る方法

凍らせたペットボトルは、そのまま体に当てると細胞を痛めるなど害が生じやすい。

 

だからタオルを巻いてペットボトルが直接肌に触れないようにするといい。

 

またペットボトルを当てる部分なんだけど、それはふくろはぎの内側部分。

 

この部分はけっこう血管が多いので、血液の熱をとるのにちょうどいい。

 

では具体的にどのような形でペットボトルを使うのかというと──。

 

ペットボトルの使い方
  1. ペットボトルに水を入れる
  2. 中の水を凍らせる
  3. 冷凍庫から取り出す
  4. ペットボトルにタオルを巻く
  5. ふくろはぎの内側に当てる

 

すぐには効果は出ないけど、徐々に暑さが気にならなくなってくる。

 

だから効果が出るまでは、扇風機を使ったりしながら頑張ろう。

寝るとき暑いのなら

寝るとき暑いと感じたのなら、足元に凍らせたペットボトルを置いておくのも手。

 

マットレスなんかを伝わって、熱を奪ってくれるので寝るのが少しだけ楽になる。

スポンサーリンク

合わせて使いたい方法

ペットボトルで血液の熱をとるのなら、より快適になる方法がある。

 

それはハッカ油で清涼感を楽しむこと。

 

ハッカ油には実際に体温を下げる効果は無い。

 

でもハッカ油を肌に塗ると、その刺激が脳を錯覚させてヒンヤリとした感じがする。

 

一方で先程お伝えしたペットボトルで血液の熱を取る方法は、効果が出るまでに時間が掛かる。

 

だからペットボトルの効果が出るまでハッカ油の清涼感を楽しむのも良いかもしれない。

おわりに

エアコンだけで暑い時期を乗り越えようとすると、大概は体調がおかしくなる。

 

だから上手に自然の風を取り入れたり、扇風機を利用したりしていった方がいい。

 

今回お伝えしたペットボトルで血液を冷やすという方法も、やり過ぎれば毒になるけど上手に活用すれば暑い時期を乗り越える助けになる。

 

でも他にも色々な夏を快適に過ごす方法は存在するので、自分に合った方法をいくつか組み合わせてみるのも良いかもしれない。

スポンサーリンク
おすすめの記事