真夏の駐車場に置いた車というのは、中に入るとトンデモナイ暑さになっていますよね。

 

暑くなるのを完全に防ぐのは難しいのですが、ある程度であれば緩和することは出来ます。

 

今回の記事は、そんな駐車中の車にできる暑さ対策についてお伝えする記事です。

スポンサーリンク

車の駐車中に暑さ対策が必要な理由

車内の温度は、暑さの厳しい場所だと一気に上昇します。

 

ドアや窓を閉めた状態で車内温度20度前後の車から離れると、15分後には30℃を越えて、60分後には50℃を越えることすらあります。

 

50℃にまで温度が上がってしまうと、車内に置いてある物が熱で爆発したり、色々と危険な状態となってしまいます。

車の暑さ対策を駐車時にする時の基本

暑さ対策

駐車時に行う車の暑さ対策は、1:車内外の温度差による熱の伝達2:太陽光が車内に入ることによる日射熱、この2種類の温度上昇への対策が基本となります。

 

このうち基本となるのは、サンシェードの使用などによって行える2:太陽光が車内に入ることによる日射熱への暑さ対策。

 

ですが、真夏に1時間以上駐車をする場合は、車のボディその物が暑くなってしまうので、日射熱への対策(日除け)を行っても効果をあまり感じられなくなります。

駐車中に車内が暑くなる原理

駐車中の車が暑くなる原因は、1:車内外の温度差による熱の伝達、2:太陽光が車内に入ることによる日射熱 この2つです。

 

これらが原因となって、車体や車内のシートなんかが太陽光で温められたせいで車内の空気温度も上昇して→車内が凄く暑くなります。

 

ですから、駐車中の暑さ対策というのは車内のシートや車体を、太陽光から守ることが重要となるのです。

駐車場での具体的な暑さ対策

駐車場で行いたい暑さ対策について、ここではお伝えします。

 

ここでご紹介する暑さ対策は、比較的行いやすいので可能であれば早めに導入してみましょう。

 

駐車場での具体的な暑さ対策
  • 日陰に駐車する
     ○直射日光が当たるのを防げる
  • サンシェードの使用
     ○使用しない場合と比べると
       →15℃も温度差がでると言われている
     ○最強の断熱効果があるのは?
       →白や銀色で厚みがある断熱シート
  • カーテンの使用
     ○吸盤で取り付けられる物もある
       →遮光カーテンがオススメ
  • 窓を少しだけ開ける
     ○車内に空気の流れを作れる
     ○防犯上の問題があるから安全な場所で
       →自宅のガレージなどで
     ○開けるのは2cm~3cm
  • 窓用断熱スプレーを使う
     ○紫外線は防げないけど手軽
  • 断熱フィルムを使う
     ○駐車中だけでなく運転中にも効果がある
     ○赤外線や紫外線を防ぐものもある
     ○断熱フィルムの効果
       →紫外線のカット
       →プライバシー保護
       →ガラスの飛散防止
     ○道路運送車両法や道路交通法に注意
       →透過率70%以下でないとならない
スポンサーリンク

駐車中に気になる部分の暑さ対策

駐車中

駐車中、特に熱くなりやすい部分があります。

 

その代表格が車のハンドルシート

 

どのように暑さ対策を行えば良いのかというと──。

 

駐車中に気になる部分の暑さ対策
  • ハンドルの暑さ対策
     ○ハンドルが暑くなる主な原因
       →フロントガラスからの日差し
     ○具体的な暑さ対策
       →フロントガラスにサンシェードをする
       →ハンドル全体を包めるカバーを被せる
  • シートの暑さ対策
     ○直射日光をシートに当てない
       →シートカバーを使うなどする
       →バスタオルを用意して被せる手もある

 

終わりに

駐車場

夏に駐車場へと置いた車は、中がとんでもない事になります。

 

買い物から戻ってみると、中にいるだけで気分が悪くなるほどに──。

 

そんな駐車中の車が暑くなるという悩みは、完全に無くすのは難しいのですが緩和させることは可能です。

 

ですが暑さ対策には色々とあるので、どれから始めれば良いのか迷ってしまうかもしれません。

 

そこでオススメしたいのが、まずは手軽に行える暑さ対策から始めて、様子を見ながら色々と追加で試していくという形です。

スポンサーリンク
おすすめの記事