こたつ布団

こたつ布団を洗濯しないと、片付けて次のシーズンに使うときダニやカビで大変なことになります。

 

ですか洗濯はしっかりと行いたい所ですが、こたつ布団の洗濯には手間がかかりますから、手軽に行うことはできません。

 

特に一人暮らしの場合は、洗濯に時間をかけることはできません。

 

また、自宅で洗濯をする場合は相応の大きさの洗濯機が必要ですが、自宅にそれ程大きな洗濯機のある一人暮らしの方が少ないという問題もあります。

 

そこで一人暮らしの方がこたつ布団を選択する場合、オススメしたいのがコインランドリーやクリーニング店の活用です。

スポンサーリンク

こたつ布団の洗濯!一人暮らしならどうする?

こたつ布団の洗濯は、とにかく時間がかかります。また、洗濯機にも相応のサイズが求められます。

 

洗濯機に関しては、お風呂場で洗うという方法がありますが、とんでもない重労働になるのでオススメ出来ません。

 

そこで一人暮らしの方にオススメしたいのが、コインランドリーやクリーニング店の活用です。

コインランドリーやクリーニング店の良い所

コインランドリーやクリーニング店を使えば、自宅でこたつ布団を洗濯するよりも効率的に洗濯が出来ます

 

例えばコインランドリーであれば、比較的高性能な洗濯機や乾燥機を使えますよね。

 

また、クリーニング店であればプロの技で洗ってもらえますし、他人に任せられるので洗濯の負担もありません。

コインランドリーやクリーニング店の悪い所

コインランドリーやクリーニング店を使って、こたつ布団を洗濯する場合の欠点の第一位は、間違いなく金銭的な負担は必要な点ではと思います(;´▽`A``

 

あと、コインランドリーやクリーニング店を活用する場合、こたつ布団をお店まで持っていかなければなりません。

 

こたつ布団は重いですから、車が無いと運ぶのが辛いという点も欠点と言えます。

 

ただクリーニング店に関して言えば、最近では自宅までこたつ布団を取りに来てくれる所もあるので、大きな欠点にはならないかもしれませんね。

こたつ布団をコインランドリーで洗濯をする時の料金

一人暮らしの場合、洗濯機のサイズが小さくてこたつ布団が洗えない!

 

このような状況にあることが多くあります。

 

そのような場合は、コインランドリーで洗濯をするという選択肢がありますよ。

 

このコインランドリーでのこたつ布団の洗濯ですが、お店によって違うので一概には言えませんが1500円ほどが相場です。

 

また、安く選択できるキャンペーンが行われていると、半額程度で洗濯できることもあります。

コインランドリーでこたつ布団を洗濯するメリット

コインランドリーを使えば、性能の良い洗濯機や乾燥機を使えます。

 

それに様々なサイズの洗濯機があるので、自宅でありがちなこたつ布団が入らないという事態は起こりにくいですよ。

 

ただし、お店によって洗濯機のサイズに違いがあるので、布団を持っていく前に確認した方が良いですよ。

 

また、クリーニング店に任せるよりも費用が抑えられるというメリットもあります。

コインランドリーでこたつ布団を洗濯するデメリット

コインランドリーでこたつ布団を選択するデメリットは、お金がかかることが第一かもしれません。

 

ですが1500円前後ですから、評価は人によって分かれる所です。

 

お金がかかる以外では、車が無いとコインランドリーに持っていくのが大変である点がデメリットとして挙げられます。

 

また洗濯~乾燥までで1時間はコインランドリーにいないといけないのもデメリットと言えるかもしれません。

こたつ布団の洗濯でクリーニング店を利用するメリット

こたつ布団の洗濯でクリーニング店を利用するメリットは、とにかく仕上がりが良いことです。

 

また、オプションで防ダニ加工や防虫加工をしてもらうことで、次のシーズンに清潔なこたつ布団を使える点もメリットと言えるでしょう。

 

だいたい防ダニ加工は800円ほどで、防虫加工は500円ほどで行ってもらえますよ。

 

なお、こたつ布団のクリーニングには抗菌加工や防臭加工の費用も含まれている場合が多くありますから、これもメリットと言えますよね。

こたつ布団の洗濯でクリーニング店を利用するデメリット

こたつ布団の洗濯でクリーニング店を利用するデメリットは、料金が高い点が第一に来ると思います。

 

その次に来るのは、クリーニング店に運ぶのが大変な点。

 

とはいえ、宅配クリーニングというサービスを活用すれば、自宅まで布団を回収しに来てくれますから、このサービスを活用するのも手です。

こたつ布団の洗濯でクリーニング店で行う時の料金

こたつ布団の洗濯でクリーニング店で行う時の料金は、お店によって決め方が大きく違ってきます。

 

種類やサイズごとに細かく値段設定をしているお店、枚数だけで値段設定をしているお店など値段の決め方は様々です。

 

ですから、洗濯したい枚数や素材などを考えながら、いくつかのお店を比較して決めることになると思います。

 

ちなみに宅配クリーニングで有名なりネットの場合、3枚で12800円ほどとなっていますよ。

終わりに

今回は、一人暮らしの方がこたつ布団を選択するのなら?というテーマでした。

 

一人暮らしだと、洗濯に長い時間をかけるわけにはいきませんし、こたつ布団を洗濯できる洗濯機をお持ちの方も少ないのではと思います。

 

ですから、コインランドリークリーニング店が、一人暮らしでの洗濯では主な選択肢になります。

 

どちらの方法を選ぶかは、予算とどれだけ手間をかけられるかを考えながら決めることになりますよね。

 

このとき、こたつ布団の洗濯はかなりの重労働となるので、よく考えてから洗濯方法を選ばないと後悔するかもしれないので注意をしましょう。

 

こたつ布団の洗濯関連の記事

こたつ布団は、洗うのが大変な物の1つ。

 

一人暮らしの場合は、クリーニング店でプロに頼むかコインランドリーで洗うかのどちらかになる場合が多い。

 

そうしないと、本当に洗濯が大変過ぎて心が折れてしまう。

 

でも少し大き目の洗濯機があるのなら、自宅で洗うことも可能

 

こたつ布団を選択するタイミング

こたつ布団は、洗濯をするタイミングにも気を付けたい。

 

なぜなら乾くのに時間が掛るから、タイミングを間違うと少し面倒な事になるかもしれないから。

スポンサーリンク
おすすめの記事