アジサイ

アジサイ(紫陽花)を母の日に贈る方が増えています。

 

6月~7月に花を咲かせるアジサイ。雨の中で咲いて近くにかたつむりが──こんなイメージがありますよね。

 

このアジサイが母の日に贈られることが多いのは、和のイメージが強いということもあるのではないでしょうか?

 

実際、海外でアジサイ(紫陽花)は桜や椿と並んで代表的な日本の花とされています。フランスでは、日本の薔薇と呼ばれている程です。

 

そんなアジサイですが、どのような花言葉があるのでしょうか?

スポンサーリンク

アジサイ(紫陽花)の花言葉

アジサイの花言葉は、西洋と日本とでは違います。

 

日本の花言葉にはポジティブな物が多く、西洋の花言葉にはネガティブな言葉が多い傾向にありますよ。

 

とは言っても、日本と西洋の花言葉の違い云々よりも重要なのは、日本にどんな花言葉が広く知れ渡っているか。

 

アジサイ全般では、以下のような花言葉が日本では有名です。

 

日本で有名なアジサイ(紫陽花)の花言葉
  • プラスイメージの花言葉
     ○辛抱強さ
     ○忍耐強い愛情
     ○元気な女性
     ○ひたむきな愛情
     ○一家だんらん
     ○家族の結びつき
     ○仲良し友達
     ○和気あいあい
     ○平和
  • マイナスイメージの花言葉
     ○高慢
     ○あなたは美しいけど冷淡
     ○あなたは冷たい
     ○無情
     ○浮気
     ○心変わり
     ○変節
     ○うつろい
     ○移り気
     ○自慢家

 

一昔前のアジサイ(紫陽花)の花言葉の扱い

一昔前までは、花言葉に移り気があり浮気をイメージさせると、結婚式や贈り物にするのは避けられていました

 

ですがアジサイの開花時期とジューンブライドが重なることや、ブーケにピッタリであることから最近ではポジティブな言葉が強調されています。

 

このため、最近は結婚式で取り扱われることも多くなりました。

アジサイ(紫陽花)の色ごとの花言葉

ここではアジサイの、色ごとの花言葉をお伝えします。

 

アジサイ(紫陽花)の色ごとの花言葉
  • 赤の紫陽花の花言葉
     ○強い愛情
     ○元気な女性
  • ピンクや赤紫の紫陽花の花言葉
     ○元気な女性
  • 水色、青、青紫の紫陽花の花言葉
     ○傲慢
     ○冷淡
     ○無常
     ○忍耐強い愛情
     ○あなたは美しいが冷淡だ
     ○知的
  • 白の紫陽花の花言葉
     ○寛容

 

色ごとの花言葉は上記のような感じになっています。

 

ですが、日本原産のガクアジサイか、ヨーロッパで品種改良されたホンアジサイかでも、花言葉が違ってきますよ。

 

ガクアジサイとホンアジサイの花言葉
  • ホンアジサイ
     ○元気な女性
     ○辛抱強い愛情
  • ガクアジサイ
     ○謙虚

 

注意したい緑色のアジサイ(紫陽花)

白を緑色に染めたアジサイは別ですが、山などに自生している緑色のアジサイには注意が必要です。

 

自生している緑色のアジサイは、葉化病(ようかびょう)に感染している可能性があります。

 

葉化病は人間には感染しませんが、感染から数年が経つと周りの植物を枯死させてしまいます。

 

ですから、自生している緑色のアジサイは持って帰らないようにしましょうね。

スポンサーリンク

アジサイ(紫陽花)の豆知識

ここでは、アジサイ(紫陽花)に関連する豆知識をお伝えさせて頂きます。

アジサイ(紫陽花)という名前の語源は?

花言葉

アジサイの語源は、集真藍(あづさい)。この言葉には、藍色が集まったものという意味があります。

 

集(あづ)は集まるという意味で、真藍(さあい)は青い花という意味があります。

 

ですから集真藍(あづさい)は、青い花が集まって咲いているという意味になりますよ。

英名の語源

英名はハイドランジア(Hydrangea)。

 

コチラの語源はギリシア語の水の器です。

 

なんでも多量の水を吸収する植物という意味があるとか。

アジサイ(紫陽花)の別名

アジサイは土壌の性質や、咲いてから花の色を変えることから八仙花や七変化という別名がありますよ。

アジサイ(紫陽花)の色について

アジサイの色は土壌に関係しています。

 

日本の土壌は酸性のため、アジサイは青色になる傾向にあります。

 

ヨーロッパの土壌はアルカリ性のため、アジサイは赤みを帯びます。

 

またアジサイは、花が咲いて数日が経つと色に変化が生じますよ。

アジサイ(紫陽花)の原産地と種類

アジサイが生まれたのは、日本と東南アジアです。

 

現在は3000種以上がありますが、大きくガクアジサイホンアジサイに分けることが出来ます。

 

ガクアジサイという花は日本原産のもので、ホンアジサイはヨーロッパで品種改良された一般的なアジサイです。

 

このホンアジサイの方は、西洋アジサイ(ハイドランジア)と呼ばれますよ。

終わりに

母の日に贈る花としてアジサイ(紫陽花)は結構人気がありますよね。

 

カーネーションやバラが母の日に贈る花の人気1位と2位ですが、それらの花とは全く違った趣があります。

 

花には好みもありますが、少し和風っぽい雰囲気の花を贈りたい場合は、アジサイを贈るのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

母の日の花関連記事

母の日にオススメとされる花は色々とあります。

 

その中でも、今回ご紹介したアジサイのように花言葉が素晴らしい物が、やはり高い人気を誇っていますよ。

 

感謝の花言葉に関する記事

母の日に送る場合、人気の高いのが感謝に関連した花言葉を持つ花。

 

以下の記事に感謝に関する花言葉を持つ花をまとめてみました。

鉢植えと切り花について

母の日に花を贈るとき、鉢植えと切り花のどちらを贈れば良いのか迷う方も多いのではと思います。

 

このような場合は、基本は切り花で花を育てるのが好きなお母様であるのなら鉢植えという考えを基本にすれば、大きな失敗はないハズです。

スポンサーリンク
おすすめの記事