盛り塩

風水に関連する開運方法に盛り塩があります。

 

手軽にできることもあり盛り塩を行う方も多いですよね。

 

そんな盛り塩ですが、お皿や塩の色と置く場所に注意をすると、いっそうの効果が望めますよ。

 

今回は、そんな風水の盛り塩を行う時に使うお皿の色については伝えします。

スポンサーリンク

風水の盛り塩で使うお皿について

盛り塩に使うお皿は、初心者である場合や運気全般を高めたい場合は白。

 

特定の願いがあるのなら、願いに合った色のお皿。

 

このように使い分けましょう。

 

白はとても使いやすい色で、運気を全体的に上げてくれるので盛り塩初心者の方にもお勧めです。

盛り塩で使うお皿の大きさ

盛り塩

盛り塩で使うお皿に、形や大きさの制約はありません

 

ですが使い勝手を考えると、直径5cmほどのお皿がオススメです。

 

大きすぎても効果が上がるということもありませんから、使いやすい手軽な大きさのお皿を選びましょう。

盛り塩で使うお皿の形

盛り塩で使うお皿の形は、平皿が基本となります。

 

また、お皿の多くは円形ですが八角形の物は特に盛り塩に向いているとも言われていますよ。

盛り塩で使うお皿の素材

盛り塩で使うお皿の素材は、なるべく陶器のような自然に近い物を選びましょう。

 

ですから、プラスチックのような自然から遠いとされている物は避けた方が良いですよ。

 

盛り塩で使うお皿の基本は陶器だと考えておけば、問題はありません。

盛り塩で使うお皿の柄

盛り塩で使うお皿には、なるべく柄のない物を選びましょう。

 

文字や柄によっては、悪い影響を与える場合があります。

 

もちろんプラスの影響を与える柄などもありますが、判断するのが難しいので柄はなるべく無い物が良いですよ。

盛り塩で使うお皿の色

盛り塩で使うお皿の色は、が基本です。

 

しかし、特定の願いがあるのならそれに合った色のお皿を使い、なおかつ相応しい方位に置くと良いとされています。

 

盛り塩で使うお皿の色
  • 恋愛運
     ○色:ピンク
     ○相性の良い方位:決まりはない
  • 仕事運アップ
     ○色:赤
     ○相性の良い方位:東
  • 自信アップ
     ○色:ラベンダー
     ○相性の良い方位:南
  • 金運アップ
     ○色:黄色
     ○相性の良い方位:西
  • 才能アップ
     ○色:金
     ○相性の良い方位:南

 

上記以外の願い事がある場合は、その願いに適した方位と色を調べて盛り塩に当てはめるといいですよ。

スポンサーリンク

盛り塩のお皿、ピンク、赤、ラベンダーなどの色について

皿

盛り塩を行う時、もっとも扱いやすいのは白。

 

ですが特定の願いがある場合は、願いと相性の良い色のお皿を盛り塩に使うなどすれば、願望成就の後押しをしてくれるとされています。

 

盛り塩のお皿:ピンク

ピンクのお皿を盛り塩に使う場合、愛情と優しさに関連した運気を上げることになります。

 

また、恋愛運や結婚運を高めるのに良いと言われていますよ。

ピンクのお皿と相性の良い方角

ピンクに適した方角というのは、決まっていません

 

ですから、お好きな場所に盛り塩をしましょう。

盛り塩のお皿:赤

赤色は、生命力のシンボルとされています。

 

盛り塩で赤色のお皿を使うと、仕事運のアップにつながるとされています。

 

更に赤色は感性を刺激するので、人間のやる気や積極性をアップさせるともされていますよ。

赤色のお皿と相性の良い方角

赤色のお皿と相性が良いのはです。

 

南は知性や魅力、人気運などが関わっているので、仕事運と深く関わっているのが分かりますよね。

盛り塩のお皿:ラベンダー

ラベンダー色は、自信アップなどの効果が期待できます。

 

また高貴な色とされているため、周囲からの評価アップも期待できるとされていますよ。

赤色のお皿と相性の良い方角

ラベンダー色は、と相性の良い色です。

 

感性を鋭くして、知性や気品、芸術性などに影響を与えるとされていますよ。

盛り塩のお皿:黄色

黄色は、ポジティブな思考などを象徴しています。

 

またお金の色として有名ですよね。

ピンクのお皿と相性の良い方角

黄色のお皿を盛り塩に使う場合は、西か南西に置きましょう。

 

どちらも金運アップ効果のある方角です。

盛り塩のお皿:金色

金色は王者の色とも言われています。

 

才能を引き出す効果があると言われています。

 

また、印象通り金運にも関わる色ともされていますよ。

ピンクのお皿と相性の良い方角

金色のお皿を使うのであれば、相性の良い方角は西になります。

終わりに

今回は、盛り塩に使うお皿についてお伝えしました。

 

盛り塩で使うお皿は、高価な物でなくても問題はありませんから、100円ショップで売っている物から選ぶのもありですよ。

 

また、手頃なお皿が無い場合は無地の白い紙をお皿代わりにするという方法もあります。

 

このようにお皿を使わなくても良い程なので、盛り塩は気軽に行ってもよい開運方法と言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

盛り塩関連の記事

盛り塩に使うお皿にこだわったのであれば、次は塩そのものにも気を配りたいものです。

 

使う塩は天然の物が基本ですが、インテリアとしても使える岩塩も細菌は人気です。

 

しかも岩塩は、物によっては通常の粒の塩よりも盛り塩効果が高い事もありますよ。

 

それでも最初の段階では、スーパーなどに売られている普通の塩で言いと思いますが──。

塩の処分方法

盛り塩で使った塩は、定期的に交換する必要がありますよね。

 

ですから定期的に使った塩を処分する必要があります。

 

このとき自分の土地以外の所に捨てたり、土に埋めて生物に迷惑をかけたりすると、運気が低下する原因になると言われています。

 

ですから、運気を下げないよに塩の処分方法にも気を付けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事