墓参り

お彼岸になったらお墓参りに行きますよね。

 

このとき、どのような服装で行くのがマナーとして正しいのでしょうか?

 

今回は、お彼岸でお墓参りに行くときの服装についてお伝えします。

スポンサーリンク

お彼岸のお墓参りの服装は?

お彼岸のお墓参りに、特別な服装のマナーはありません

 

ですから喪服でなくても、普段着で大丈夫です。

 

付け加えるのなら、お墓の掃除を予定しているのなら動きやすい軽装の方がよいでしょう。

 

これは身近なご家族、親族のお墓参りにも当てはまります。

お墓参りは軽装でも良いけど限度がある!

お彼岸のお墓参りは、基本的に軽装で大丈夫です。

 

ただし、他のお墓参りをしている方の目もありますから派手な恰好は避けましょう。

 

無地や落ち着いた色合いなどといった、シンプルな服装で行くのがよいのではと思います。

お墓掃除をする場合に用意したい物

お彼岸のお墓参りでは、ついでにお墓掃除をしようという方も多いですよね。

 

このとき持っていきたい物ですが、服装関連で言えば帽子と軍手、水に濡れても良い靴やズボンなどです。

 

お彼岸の時期というのは、意外と日差しの強い日もあるので帽子は忘れないようにしましょう。

 

他にはゴミ袋や歯ブラシなどもあるのですが、それらについては別の記事でお伝えさせて頂きます。

お墓参りを正式な服装でするのなら?男性編

男性がお彼岸のお墓参りを正式な服装でするのなら、以下のような点に注意をしながら服装を選ぶことになります。

 

お墓参りを正式な服装でするのなら?男性編
  • 黒色のスーツ
     ○ジャケットがダブルかシングルかは不問
  • 白のワイシャツ
  • 黒のネクタイ
  • 靴下
  • 金の腕時計や指輪などは避ける

 

お墓参りを正式な服装でするのなら?女性編

女性がお彼岸のお墓参りを正式な服装でするのなら、以下のような点に注意をしながら服装を選ぶことになります。

 

お墓参りを正式な服装でするのなら?女性編
  • 黒のスーツかワンピース
  • サテンのような光る素材は避ける
  • 肌はなるべく露出させない
  • バッグ
     ○派手な物は避ける

  •  ○エナメルのような光る素材の物は避ける
     ○高いハイヒールは避ける
      お墓は舗装されていない場合が多いため
  • アクセサリー
     ○真珠のような光り過ぎない物を選ぶ

 

お墓参りを正式な服装でするのなら?子ども編

子どもがお彼岸のお墓参りを正式な服装でするのなら、制服が基本です。

 

このとき靴や靴下は、黒でも白でも大丈夫ですよ。

彼岸会など公式の場に出るとき

お彼岸にはお寺に集まる彼岸会など、色々な行事が行われます。

 

またお坊さんを自宅に呼んだり、お寺で合同供養を行う時もあります。

 

このような場合は、略式の喪服やスーツといったフォーマルな服装で参加をしましょう。

親族や知人のお宅へ伺うのなら

親族や知人のお宅にある仏壇に手を合わせることもあります。

 

このような場合も普段着で大丈夫。

 

ですがマナーとして派手な色を避けて清潔感のある服装を選びましょう。

終わりに

今回は、お彼岸でお墓参りに行くときの服装についてお伝えしました。

 

かしこまった服装でなくて軽装でも良いというのが今回の答え。

 

ですがお墓参りをしている他の方の目もあるので、あまり派手な服装をするのを避けるというのが特に重要な注意点と言えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

お彼岸のお墓参り関連の記事

お彼岸のお墓参りに行くのなら、雨に気をつける必要があります。

 

雨が降ると、色々と考えないといけないことが増えますから。

 

お墓参りに行く時間帯

お彼岸のお墓参りに行くのであれば、行く時間帯にも気をつけたいところです。

 

お彼岸にお墓参りに行く理由

なぜお彼岸にはお墓参りに行くのか?

 

それには、ちゃんとした理由があります。

スポンサーリンク
おすすめの記事