盛り塩は、場の邪気を塩に吸わせて開運を目指す方法です。

 

この盛り塩を寝室で行えば、安眠や開運を期待できるとされています。

 

ですが、寝室をどう使っているかによって、置く盛り塩の数を変えた方が良いので注意をしましょう。

スポンサーリンク

盛り塩の効果は数によって違う

盛り塩は、場の邪気を塩に吸収させるのが基本的な目的です。

 

しかし部屋の4隅に盛り塩を置く場合は、結界を張ることが最大の目的になります。

 

もしも寝室に盛り塩を置くのであれば、基本的には4隅に置いて結界を張る方法がオススメですよ。

 

ただ、寝室の使い方次第では4隅に盛り塩を置く方法は、逆効果になることもあるので注意が必要です。

 

この点については、後述させて頂きます。

寝室に結界を張る意義

盛り塩

眠っている状態というのは、無防備な状態だと古くから言われてきました。

 

無防備な状態なので眠っている時というのは、色々と悪い物を体に吸収しやすいタイミングだとされています。

 

このため、眠っている時は部屋の邪気なんかを吸収しやすいタイミングとなります。

寝る時に部屋の4隅に盛り塩を置くと

部屋の4隅に置く盛り塩は、結界を張ることで部屋の外から入ってくる邪気なんかをシャットアウトすることが可能です。

 

このことから部屋の4隅に盛り塩を置いて結界を張ることで、眠っている間に吸収する邪気などを減らせると考えられています。

 

また、盛り塩の結界は霊的な物も防げるとされているので、コチラの方面でも活躍してくれますよ。

寝室に盛り塩をする前に

場所

寝室に盛り塩を行う前に、現在どのような目的で寝室を使っているのかを考えてみましょう。

 

もしも寝室を寝るためだけのために使っているのなら、部屋の4隅に盛り塩をすぐに行っても問題はありません。

 

ですが寝る以外にも、パソコンを行ったりテレビを見たり音楽を聞いたり──色々なことに使っているのなら、部屋の4隅に置くタイプの盛り塩は避けた方が良いですよ。

寝室を色々なつことに使っている場合の盛り塩

部屋の4隅に置く盛り塩は、結界を張る意味があります。

 

もちろん通常の盛り塩のように場の邪気を吸うという効果も期待できます。

 

ですが、結界が張られてしまうので、部屋の中で生じた邪気が部屋から出ていかなくなってしまいます

 

人間が活動すれば邪気は必ず生じますから、その邪気が部屋にこもってしまうんですよね。

 

このため、寝室を寝る以外にも使っている場合は、部屋の4隅に置くタイプの盛り塩は避けた方が良いと考えられるのです。

 

ですが、盛り塩を1皿置く程度なら!!──と、いうのも注意をした方が良いですよ。

盛り塩は1皿でも寝室に置く場合は注意を!

部屋に結界を張る4隅の盛り塩は、寝室を寝る以外にも使っているのなら避けた方が無難です。

 

一方で部屋に盛り塩を1皿だけ置く場合は、邪気を吸収することを目的に置きますから、寝室の邪気を集めているとも言えますよね。

 

このためベッドや布団の近くに置くと、盛り塩に向かって集まる邪気に晒され続けることになりかねません。

 

ですから、寝る場所の近くに盛り塩は置かない方が良いということです。

寝る以外にも使う寝室に盛り塩を置くのなら

寝る以外にも使っている寝室に盛り塩を置くのであれば、ベッドや布団から離れた場所に置きましょう。

 

盛り塩は邪気なんかを吸収するので、部屋中の邪気が盛り塩に向かって集まり続けますからね。

 

寝る場所に置いておくと、先に述べたように盛り塩に集まる邪気に晒され続けることになりますから。

 

絶対に、寝る場所の近くには置かないようにしましょう。

結局、寝室の盛り塩はこう置くのがオススメ

寝室

ココまでの話をまとめると──

  • 寝室を寝る以外に使っているか?
  • 寝室を寝るだけのために使っているか?

 

このどちらであるのかによって、盛り塩の置き方は変わってくると考えましょう。

 

寝室を寝る以外に使っている場合。
→ベッドや布団から離れた場所に、1皿だけ盛り塩を置くのが良い。

 

寝室を寝るだけのために使っている場合。
→部屋の4隅に盛り塩を置いて結界を張る。

 

まとめると、上記のような感じになります。

盛り塩を置く前に

盛り塩を置く前には、部屋をキレイに掃除しましょう。

 

散らかっていたり汚れていたりする部屋というのは、邪気がドンドン溢れてきます。

 

基本的に散らかった部屋から出る邪気は、盛り塩が吸収できる量を越えていますから、盛り塩の効果を期待することができません。

 

それどころか部屋の4隅に盛り塩を置いて結界を張る方法をとると、邪気が外に逃げていかなくなるので、盛り塩を行うことが逆効果になりかねません。

 

ですから、寝室に盛り塩を置く前には、しっかりと掃除をするようにしましょうね。

スポンサーリンク
おすすめの記事